宇宙飛行士が体内から酸素を得る方法

0.5キロのカーゴを宇宙に送り出すのに、およそ10,000ドルほどかかります!それでは、どうやって酸素、水、食べ物を宇宙飛行士たちに送っているのでしょうか?より効率的な解決策を生み出す前は、必要なだけの水を自分たちのロケットに積載していました。水は、代わりに他の物資に使えるんじゃないか、というほどかなりのスペースを占めていました。さらに、この重さによって燃料の無駄遣いにもなります。つまり簡潔に言えば、現在水はクルーと一緒に運ばれていません。

つまり、お届け形式?えっと、それはリスクが高いですし…高額ですよ!打ち上げの際や国際宇宙ステーションへの道のりで、カーゴに何か良からぬことが起こらないという保証はどこにもありません。カーゴがステーションに届かない場合、次の発送までかなり長い期間待つことを強いられ、これは宇宙飛行士にとって危険なため、選択肢としてはあり得ないのです。さて、それでは、商品ごとに見ていきましょうか。

タイムスタンプ:

水 1:30

水処理システムの機能 2:20

酸素 3:15

食料 4:30

ゴミはどうするのか? 6:05

スペースデブリはどこから来るのか?6:47

国際宇宙ステーションから火星へ 7:38

ゴミ再利用 8:07

#ISS #宇宙飛行士 #ブライトサイド

概要:

-クルーのための主な水源は、宇宙飛行士自身です!汗、呼吸による結露、トイレ、これらすべての水分が複雑なフィルターシステムによって処理されます。

-この複雑なシステムのお陰で、一日、ヒト二人分の供給分である2キロほどの酸素を生み出すことが可能です。でも国際宇宙ステーションは、大抵6人で構成されていますから、足りない分を補うために、酸素は地球から送られます。

– 食料はどうでしょう?国際宇宙ステーションは、完全に地球から送られてきた物資に頼っています。宇宙飛行士食用のフリーズドライ食品は、クルーがステーションに飛び立つ際に一緒に送られるか、別々に送られます。

– NASAによれば、宇宙飛行士は、フルーツ、ナッツ、鶏肉、牛肉、シーフード、キャンディー、ブラウニーなどを楽しむことができます!コーヒー、紅茶、ジュース、レモネードなどもあるんですよ。

– 2015年、第44期国際宇宙ステーションのメンバーは、機内で育てたレタスを口にしています!タネは地球から送られました。

-私たち同様、宇宙飛行士もゴミを出します。宇宙に投げ出してしまえばよいと思うかもしれませんが、これは不法投棄!ステーションがお届け物を受けるとき、カーゴ船がステーションの横にとめられます。

-国際宇宙ステーションが自給自足可能になっている凄いところは、これが将来的な大規模なミッションのための試験であるということ。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です