飛行機が雷に打たれたらどうなるか

2016年10月、冷たい雨の日でした。大きな雹の塊が地面を打ち付けます。端的に言えば、この日は、フライトに適していませんでした。アイスランドのレイキャビクからパリに向かう、WOWエアのフライト404は、すぐにその理由に気づくことになります。

象徴的なフクシャ色の機体は、この後すぐに巨大な雷に打たれたのです。…でも墜落してしまったのでしょうか?稲妻は10億ボルトの電力を含んでいるという事実を考慮すれば、墜落したと思いますよね。外面が木炭のように真っ黒に焦げてしまったのでしょうか?機体がバラバラになってしまったのでしょうか?機内で火事?答えは、ノーです。

タイムスタンプ:

どんな損傷か 1:26

飛行機が嵐を避ける理由(雷自体が理由ではありません) 2:38

雷からジャンボジェットを守る方 4:33

乗客は気づくのか? 9:21

最大のリスク 10:22

#飛行機 #もし #ブライトサイド

概要:

-雷は最近では、ほとんど飛行機に落ちることはありません。安全策ルールによって、パイロットは嵐の最前線に飛び込むことは、許されていないのです。飛行機は、嵐の雲を横周りしなければならないので、上空や真下を通ることはありません。

-さて、落雷によって飛行機が墜落したり、危険な損傷を受けることがないのであれば、なぜ嵐を避けるのでしょうか?これは、雷自体が理由なのではなく、嵐の中で起こりえる、乱気流のためなのです。

-既存の安全規則を導入していますが、機体が頻繁に使用されている場合、年に1,2回のペースで落雷にあうことでしょう。しかし、それででも深刻な状態になることはなかなかありません。

– 2000年から数えて3,000件の飛行機関連事故の中でも、雷によるものは8件のみです。

-元パイロットのクリス・ハモンドによれば、飛行機は、実際の使用前にすべての起こりえる事故に備えて試験されるそうです。これには、落雷シミュレーションも含まれます。

-稲妻はたいてい機体の前の部分に落ちて、しっぽから離れ、一部は翼に向かいます。このようになるのは、雷が抵抗の少ない道を進んでいくためです。

-フライトが目的地に着いて、すべてに問題がないようであっても、着陸後、技術者は丁寧に機体を確認します。外側に小さな傷などがないかを確認するんです。

-雷が入り込んで、機体の外観を出た場所は、直径1センチほどの小さな溶けた穴のように見えます。これは、簡単に修復することができるんです。

-搭乗している乗客は、機体が雷に打たれることに気づくのでしょうか?もちろん、大きな音が聞こえて、外にフラッシュが見えるでしょう。

-現代の航空業界では、雷は問題ではないということがお分かりいただけたと思います。様々なデザインソリューションによって、深刻な損害から航空機が守られており、雷による事故のリスクは、ほぼありません。

-実際、嵐を通る際、乱気流以外の雷が原因となる最大のリスクは、それに気づいた搭乗客が、怖がってパニックになることぐらいです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です