消防車が赤い理由

消防車が通ると、じっと見つめてしまう人、いますか?大きくて、キラキラして、存在感があって…そんな勇敢な消防士を運ぶ車。そこで、なんで消防車は赤いの?と疑問に思ったことってないですか?100%正しい答えはありませんが、世界中でいくつかの理論が存在します。 他の色が使われる場合もあります。少なくとも、消防車の新しい色のアイディアは存在しますよ。

例えば、赤という色は、日中は目立っても、夜にはあまり見えない、という研究結果もあります。 外が暗くなった時、私たちの目は緑や青のように短い波長の色が見えやすくなるんです。国や都市によっては、伝統的な赤ではなくこれらの色を採用しています。また、他の場所ではオレンジ、ピンク、黄色、ライムグリーンなど、とてもカラフルな色が使われています!

タイムスタンプ:

―「ボランティア」理論 0:28

―競争 1:00
―他の車との区別 1:29
―「心理学的」理論 1:59
―色彩理論 2:44
消防車に関する興味深い豆知識
―消防署とダルメシアンの関係って?5:06
―初期のポンプ車は古代ギリシャのものだった 5:43
―はしご 6:09
―驚くべき価格!6:41
―どのくらい大きいの? 7:10
―世界で最も早い消防車 7:41
―水と泡 8:07
―驚くべき馬力 8:30

#消防車 #消防士 #ブライトサイド

概要:

―1800年代初頭の消防署は、ボランティアの消防士で構成されていました。当時、赤が最も安い色だったので、予算内で収まるこの色を使いました。

―別の理論によると、消防署がボランティアによって運営されていた頃、各町はプライドが高く競争心があったそうです。赤は最も大胆で目を引く色だったので、人気がありました。

―消防署は黒い車の中で消防車を際立たせる為にも、赤を選択しました。

―消化器、消火栓、一時停止の標識なども真っ赤な色をしているんです。

―赤は他の色と比較すると最も波長が長いため、脳は最初に把握します。

―消防車が馬に引っ張られていた時代、ダルメシアンは彼らの前を走り、大きな声で吠えて道を開けていました。

―もともと、水を噴射する水道管システムは大型ポンプで、古代ギリシャで進化しました。

―消防士は、高いはしごを登るように訓練されています。彼らは時速80キロの風が吹いている場所でも安定した状態が保てるんです!

―装備の種類と消防車の大きさにもよりますが、アメリカの消防車は日本円で約500万円から1千万円にもなるようです。

―世界で最も早い消防車はハワイアン・イーグルと呼ばれていて、ロケット動力付き!現存する最速の消防車だと言われていて、その速度は時速655キロです。

―驚く事に、平均的な消防車は約500馬力しかありません!

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です