食べ物さえ買うお金がない時に試してみたいコツ!

一日だけでも、お金を使わずに過ごすなんて絶対に無理…なんて思ってはいませんか? でも大丈夫、お金がなくても人はなんとかして生き延びられます!飢える事もなければ、クレジットカードを使う必要もありません。絶対に欠かせないものと言えば、食べ物ですよね。冷蔵庫やカバンの中が空っぽの場合、どうすれば良いのでしょうか?

無料で公共の乗り物に乗る事だけは絶対にダメですよ。犯罪ですし、罰金も課せられます。温かい季節だと、自転車を乗って移動するのがおすすめです。洋服や家具、そして他の家庭用品はソーシャルメディアやアプリを使って手に入れられます。無料の場合もあれば、物々交換ができる場合もあります。フリーガンについても紹介していくのでぜひチェックしてみてくださいね!

タイムスタンプ:

食べ物 0:28

フリーガンとは? 2:15
移動手段はどうすれば良い? 4:17
洋服は? 4:53
娯楽 5:11
約3700円で1週間生活する方法 5:42

#金欠 #フリーガン #ブライトサイド

概要:

―友達や親戚が近いくにいない場合は、ソーシャルメディアを活用してフードシェアリングサービスを使いましょう。もともとフードシェアリングとは、ドイツで食品廃棄物に対応するために開始された活動で、限られた地域だけではありますが、日本にもあります。

―「フリーガン」という用語は1995年、ホームレスの人々に食べ物を提供するグループのリーダー、キース・マッケンリーにより紹介されました。彼は、人間はリサイクルする代わりに、自然をモノとして扱い、資源を使ってモノを作り出しては廃棄している、と考えています。

―世界中のフリーガンは、個人のゴミ箱やレストラン、スーパーの近くにあるゴミ箱の中から多くの食品廃棄物が見つかる事が多いため、所有者に食べ物をゴミ箱に捨てるのではなく箱に入れて積み上げてもらうように頼みます。

―温かい季節だと、自転車を乗って移動するのがおすすめです。

―洋服や家具、そして他の家庭用品はソーシャルメディアやアプリを使って手に入れられます。無料の場合もあれば、物々交換ができる場合もあります。

―図書館で無料の本や映画を探してみましょう。他にも、映画館の割引サービスや無料の美術館もたくさんあります。ソーシャルメディアのページを随時チェックしながら、クーポンや特別なオファーを探し出してみてくださいね。

―ロンドンのジャーナリスト、ミシェル・マックガは新居に引っ越した時、必要のない物をすべて売る、もしくは譲る決断をしました。結果、80%の持ち物を手放す事ができたんです。

―彼女は、無駄な購入をせずに1年間過ごしてみました。一週間に使えるお金は、たった$37。そのお金で1日3回の食事、洗面用具、そして掃除用具を買ったそうです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です