ニューヨークのタクシーが黄色い理由

黄色という色で何を思い浮かべます?「タクシー」って行った人、います?世界中のタクシー全部が黄色というわけではないですが、この色はタクシー業界に深いつながりがあるんです。なぜだと思います?

アメリカで最初のタクシーは黄色ではありませんでした。1907年、ビジネスマンのハリー・アレンが赤と緑の車両をフランスから持ち帰り、ニューヨークまで持ってきます。しかし、彼には競合者がいました。この時代、たくさんのタクシー会社が現れ始めていたのです。これらの企業のオーナーたちは、車両を様々な色にしていました。黒、茶色、白、チェック柄…つまり、各企業が自分達の企業カラーを持っていたんです。

タイムスタンプ:

過去へタイムスリップ 0:23

科学で見る黄色 1:39
人間が視覚的に見やすい色(黄色じゃない!?) 3:29
ウィーンの辻馬車 4:28
ベネチアの水上タクシー 4:57
メキシコの自転車タクシー 5:26
スペツェス島の馬車 5:55
キューバの人力タクシー 6:18
タイのトゥクトゥク 6:52
カナダのH2Oタクシー 7:29
イスキア島のピアジョ・アぺ・タクシー 8:03
ニューヨークのゴッサムエア 8:44
インドのシカラタクシー 9:32

#タクシー #NYC #ブライトサイド

写真出典:

アメリカ、ニューヨーク – 8月26日: ニューヨークのマンハッタンにて、黄色いタクシーとパトカー(2017年8月26日撮影)。マンハッタンは、ニューヨークで最も人口密度が高いエリア。: By astudio/Shutterstock.com,

https://www.shutterstock.com/image-photo/new-york-city-usa-aug-26-772600915

ニューヨークのパーク アベニューのタクシーの列: By Natalia Bratslavsky/Shutterstock.com, https://www.shutterstock.com/image-photo/taxi-row-on-park-avenue-new-3196478

アニメーションは、ブライトサイド製作です。

概要:

– 1908年、別のビジネスマン、アルバート・ロックウェルが、ニューヨークにタクシー会社を創業。同社のタクシーは、アルバートの奥さんのお気に入りの色ということで黄色にされました。

– 1915年、科学に基づいてこの色を使用したのが、シカゴのジョン・D・ヘルツです。彼は、統一感を持たせ、顧客から見て、より目立つような色にしたいと考えていました。

– 1967年、ニューヨーク当局では、ライセンス指定を受けたタクシーの色に関するルールを定めます。お分かりだとは思いますが、この規定色というのが黄色。

-タクシーは注意を引くという理由だけで黄色になったわけではなく、タクシーにとって最適な色だ、とも言えるんです。

-新しい研究で、人間の目に最も目につきやすい色は、鮮やかなグリーンであるということが示されています。

「じゃぁ、なんでまだ黄色いタクシーが町を走ってるんだ」と思うかもしれません。

-それは、緑のタクシーを使うことの大きなデメリット。この色は、簡単に木やら草やらの周りに溶け込んでしまいますよね。

-辻馬車というのは、馬によって引かれるタクシー。1693年から乗客を運んでいて、オーストリアの首都ではいまだに使用されています。

-たくさんの水路があるのに道が少ないため、ベネチアの人達は、ゴンドラや水上タクシーを使って移動する他ありません。

-この未来的な見た目のタクシーは、鮮やかな緑のプラスチックのフレームで覆われた、三輪の自転車。

ドライバー1人と、後部に乗客2人分のスペースしかありません。

– この島を訪れる予定なら、ぜひ1つ覚えて欲しいのがこちら!このギリシャの島では、車が禁止されています!

-これはペダルで動く三輪車で、ぽっかりと開けたプラスチックのカバーで覆われています。人力タクシーのいくつかは小さなモーターを搭載しており、上り坂でドライバーをサポートします。

-バンコクや他のタイの街でかなり人気なこのタイプの移動手段は、交通渋滞で時間を無駄にしたくないものの、超速のバイクはちょっとという人にうってつけです。

-カナダのビクトリア・ハーバーには、個性的な移動手段があります。水上タクシーで移動できて、移動を楽しくできるなら、普通のタクシーを利用する理由なんてないですよね?

-こちらのイタリアの島、イスキア島は、有名なベスパをデザインした人と同じ人がデザインした、変わった3輪のミニタクシーで有名です。

-ジョン・F・ケネディ国際空港やニューアーク・リバティー国際空港に、マンハッタンからお急ぎですか?それなら、ヘリコプターがありますよ!199~220ドルほど払っても構わなければ、飛行機を逃す心配もなし!

-シカラタクシーは、曲線の木製ボートで、北部のジャンムーやカシミールで湖を移動するのに利用されます。このボートは、ヒマラヤスギからできていて、水で腐らない特別なタイプの木なんです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です