飛行機に無料WiFiがあるべきでない理由

最近では、いたるところにWiFiホットスポットがあるように思えます。レストラン、銀行、オフィス、様々な場所、交通機関などで、ネットにつながることが可能です。しかし、機内はどうでしょうか?

数年前までは、旅客機に乗ることは世界から遮断されることを意味していました。現在、多くの航空会社が機内WiFiを提供しています。皆さんは喜んでいるかもしれませんが、中には機内WiFiを良く思っていない人もいるようです。さて、どういうことでしょうか?機内WiFiは悪いものですか?見ていきましょう。

タイムスタンプ:

衛生システム0:41

地上システム1:12

安全性は?3:09

フライト中の時間の潰し方:

-ゲームをする 4:45

-ソーシャルメディアコンテンツの編集 5:40

-ノートパソコンの整理6:12

-ポッドキャストを聞く6:34

-日記を書く6:58

-荷物の最終整理7:29

-スキンケア7:56

#飛行機 #技術 #ブライトサイド

概要:

-乗客が機内でネットを使えるようになった10年ほど前、これはひとえに通信衛星システムのお陰でした。

– 当時、たくさんの回線を処理することが出来ず、可能なことと言えば、文字のみのメールをチェックするぐらいでした。

-それから、地上の基地局を利用するシステムが出来ました。これは、携帯電話のように機能します。

– 飛行機全体が巨大なホットスポットとなっていて、機内のルーターがWiFiの信号を乗客に飛ばします。

– このタイプの通信の唯一の問題は、陸上を飛行している時のみ利用が可能ということです。もちろん、海には基地局がありません。

– アメリカでは、現在通信衛星を利用するシステムと、地上の基地局を利用するシステム両方の高性能インフラが整っています。そのため、アメリカ上空を飛行するフライトでは、ヨーロッパ上空を通過するときより、シグナルが強く、安く上がります。

– 他の共有ネットワークを使用している際と同様、プライベートまたは銀行関連のデータが、サイバー犯罪の被害に遭ってしまうかもしれません。

– 機材自体が高額で、シグナルを送るアンテナが空気抵抗を増やして、飛行機はより多くの燃料を消費せざるを得なくなります。それに、維持するためのエンジニアリングやメンテナンスの費用も掛かりますよね。

– 遅いスピードにイライラしていていたり、機内のWiFiを理念的な理由で使用しないでいたり、ただ単に機内WiFiサービスのない機体に乗っていたりする場合に備えて、フライト中に楽しめるアイディアをいくつかご紹介しますね。

-ネットにつながっていない時間を、写真を編集したり、インスタでどう見えるか閲覧できるオフラインアプリを使って投稿計画を立てたりできます

– ノートパソコンと一緒に移動中であれば、ファイルを整理するチャンスを逃さないでください。

– 世界には様々なポッドキャストが存在します。もっと生産的になるためにモチベーションをあげる方法から、ブラックホールの仕組みまで

– 目標を書いてみてもよいでしょう。

なりたい自分になるためのマインドマップを作ってみたり、今悩んでいることのいい点と悪い点を書き出してみることもできます。

– 慌てて荷造りをしてしまったのなら、キャリーバッグの中を見て、もっと整頓して詰めなおしてみてはどうですか?

– 機内には液体や大きなボトルを持ってきてはいけませんが、フェイスマスクやスパグローブ、アイマスクは持っていくことができます。

– 最後に、古き良き読書、音楽、映画鑑賞、会話だって、良いものですよ。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です