署名で性格が分かるって本当!?

筆跡学とは手書き文字を分析する学問。日本ででは学問として見なされていませんが、アメリカでは実在しています。英語での署名には人の個性が出ると言われています。さて、そんなアメリカの筆跡学の中身を紹介していきましょう。

例えば、署名を見たとき名前と苗字がはっきり読める場合は、その人が率直で誠実、正直者だという事。おそらく隠し事もないでしょう。逆に読めない場合は、権威が受け入れられず、自信がない証。何か隠し事もあるのかな…。

タイムスタンプ:

サインがはっきりしているか 0:21

フルネームでのサイン 0:47
サインの角度は? 1:12
文字の大きさはどのくらい?1:39
名前と苗字のサイズの差は?2:13
文字が曲がってる?それともまっすぐ?2:41
大文字のサイズはどのくらい?3:13
どのくらいの圧力がかかっている?3:49
遊び心のあるサイン?4:17
署名は均一で直線? 4:51

署名以外の手書き英文も分析ができる!

#性格テスト #手書き #ブライトサイド

概要:

―不完全なサインはプライバシーを重要視していて、強くて孤立した人物に共通しています。また、効率性の兆候でもあるんです。

―全体的に署名が上向きに傾いているという人は、ファイターの可能性が高いです。野心的で活気に溢れ、キャリアで成功する事を望んでいるでしょう。 一方、落ち着きがない性格をしています。

―自信があって外交的な人は、署名の文字が大きい傾向にあります。時には自信がありすぎる事も。逆に小さい人は内向的。

―サインをした時、名前の方が苗字よりも大きいとしましょう。これは独立性が強く個性豊かで、一人の人間として自分を表現したいという気持ちを表しています。

―署名の文字が曲がっているというあなた、のんびりしていてハッピーな性格をしていませんか?自分なりのスタイルも持っているかもしれません。陽気な性格をしているので友達も多いはず。

―小文字と比べて大文字の方が、例えば3倍も大きいという人は利己主義で批判を嫌っています。

―力いっぱい書いている人は権威主義的な性格をしていて、少し短期。署名が柔らかくて滑らかな人は、落ち着きがあり適応もでき、人を引き付けるタイプです。

―文字がすべて均一で普通のサイズ。いつも直線状にサインをし、角度がない場合は感情などのコントロールができている証。バランスが取れていて、仕事も遊びも両立しています。

―文字が少し右に傾いている人はオープンで社会的な性格をしていて、世界に飛び立つ準備ができています。

―対立するのが苦手で、常に妥協を求めている人はSの丸まりのバランスが良い傾向にあり、逆に、角があって尖ったSを書く人は深く知的思想家であり、新しい挑戦が好きで、高い野心を持っています。

―小文字のtを書く時、横線を長く引く人は熱心でありながらも頑固な性格をしています。

―右利きの人は自信があって実用的。さらに、直観的で見て覚える性格に加え、言語の取得やコミュニケーション能力が高く、長生きする傾向があるそうです!

―左利きの人は情報をかなり早い速度で処理する事ができ、秀才の可能性が高いと言われています。また、創造的なだけではなく自己表現が得意なため、芸術に興味を持つ傾向があるんです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です