車に間違った燃料を入れたらどうなるのか

次の事を想像してみてください。高速道路を運転していたら、突然、ガソリンがほとんど空になっていることに気付きました。そして、最寄りのガソリンスタンドに寄ってみたら。87オクタンのガソリンしかありません。このガソリンを入れるべきだと思いますか? 一体これらの数字の違いは何なのでしょう?

実際のところ、ガソリンには様々なタイプのものがあり、全て同じものを使えるわけではありません。アメリカでの、最も一般的な数字は87と89と92です。世界中の他の地域では、数字が異なる場合がありますが、最も一般的な数字は91、95そして98でしょう。 そしてその数値が大きくなれば大きくなるほど燃料のコストが高くなるので、一番安いものを選んで使うということが、当然に思えるかもしれませんが、実を言うとそれほど単純なものではないんです。

タイムスタンプ:
これらの数字はどういう意味なのか? 0:24

古い車を持っている人はラッキー! 1:21

「ノッキング」😱 2:50

オクタン価の高い燃料が高価な理由 5:20

エタノール燃料 5:54

ディーゼルエンジンはどう違うのか 8:22

#車 #運転のコツ #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 驚くかも知れませんが、古い車を運転している人はラッキーで、どのガソリンでも大丈夫なんです。

– 87は、ほとんどの古い車が使用することの出来る、基本的なタイプのガソリンです。 そして89は、新しい車に適した中級のオクタン価、さらに92は高級車やスポーツカーのために必要なハイオクガソリンですが、時には、新しいタイプの中級の車でも92しか使えないものもあるんです。

– 過給、またはターボ過給により、エンジンには多量の空気が供給されるため、自動車メーカーは、より高いオクタン価の燃料を使うよう指示することがあります。

– エンジン内の空気が多いと点火が速くなり、低速異常燃焼につながる可能性があります。 ハイオク燃料を使用している場合には、このようなことは起こりませんが、低オクタン価のガソリンの場合にはこれが問題になってきます。

– 間違った燃料を使っていても、すぐにダメージが現れるわけではありません。 トラブルが起こり始めるまでには、おそらく数週間かかることでしょう。

– 長い目で見ると、エンジンの修理のコストの方が、燃費よりもはるかにお金がかかります。 さらに、オクタン価が高いほど、ガソリンが「きれい」なので、車を良いコンディションに保ち、排気ガスを削減することもできます。

– しばらく前に、新しいタイプのガソリンが市場に登場し、E10またはE15という別の表示が定められました。 Eの文字はエタノールを表し、その数字は燃料に含まれている10%または15%の割合を示すものです。

– 基本的にエタノールは、最も効率的なガソリンの添加物の1つであり、約109とオクタン価も高く、環境にとっても、はるかに安全で、再生可能であり、石油への依存を減少させる効果があります。

– もし間違ってガソリン車のタンクに、ディーゼルを入れてしまったらどうなるのでしょう? まあ、最初のうちは、何も問題なく運転できるはずです。 これは、エンジンがタンク内に残ったガソリンを使っているからです。 でも、残りのガソリンを消費したら、すぐに車は止まってしまいます。

– でも、その逆のことが起ってしまい、ディーゼルのタンクの中にガソリンを入れてしまうと、もっと最悪なことになります。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です