飛行機が北極点を飛行する理由

昔々、北極には誰もおらず、ほとんどここに、人が訪れることはありませんでした。18世紀の探検船の凍った残骸、ところどころにある軍の前哨基地だけが、人間の訪問を示す唯一のサインでした。しかし、今では違います。興味深いことに、北極点や北極圏ツンドラ上を飛行するルートを模索している、商業フライトがあるんです。こう考えてみると、何が理由でこれらの凍った北部を飛行しようということになったのか、と思いますよね…。

このようなフライトが一般的になって来たとは言っても、影響を及ぼしかねないいくつかの障害が存在するんです。あ、いや、サンタさんの航路を邪魔しているということではありませんよ。商業フライトは、数十年の間に渡り、北極圏を横断しているものの、近年の北極横断フライトが頻繁に行われるようになったのは、1998年になってからです。

タイムスタンプ:

20年前にはほぼなかった北極点越えフライト 1:16

国際フライトのスケジュールへの影響 2:51

北極点の不感地帯 4:19

この航路をとれる機体 6:01

北極横断の旅を困難にする理由 8:04

#北極 #飛行機 #ブライトサイド

概要:

-長距離のノンストップフライトは、大量の燃料を消費します。消費燃料を少なくするためには、重さがあってはいけません。つまり、少ない乗客と、軽いカーゴでなければならないということ。

– 20年前は、北極圏を通過するフライトはほとんどありませんでした。当時、ロシアの北極圏空域を横断できる機体の数が限られていたからです。

-飛行機の運転に利用される多くの衛星は、静止軌道で地球を回っています。つまり、地球の自転と同期して回っており、地球の現在地と、比較的同じ位置にいることが可能なんです。

-そのようなインフラは、過去15年~20年で一から作られました。

-その多くは、50年代、60年代に建設されたもので、旅客機がお互いを認識するために利用する、無線トランスポンダを読み取るためのシステムは存在しません。

-航空会社は、多かれ少なかれ、カナダの経済に、新しい領域を生み出すことを求められ、現在でもどの機体が、この航路を利用できるかということに関しては、厳しい制限が課されています。

-飛行場と燃料積載ステーションの不足によって、12,900km、もしくはそれ以上の移動が可能である飛行機のみが、北極点を横断することを許可されています。

-北極ルートを通過する機体は、緊急着陸を行える場所も決まっています。

-どうやら、北極圏を横断する、このような旅は、皆さんが思っているよりも、ずっと時間短縮できるようなのです。

-そのようなコストを支払うことができるような航空会社にとって、北極圏を超えるフライトはかなり利益になります。全ての航空会社が、北極圏越えフライトを提供することができるわけではありません。しかし、時が経てば、この空路はより利用されやすくなるはずです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です