列車が警笛を鳴らす理由 – アメリカ編

列車って、あんなに頻繁に大きな音で警笛を鳴らさなきゃいけないんですかね?結論から言えば、その主な理由は、安全性。アメリカでは、列車の運転手は、時々汽笛を鳴らすことが義務付けられています。この法律は、アメリカで「機関車の警笛の使用に関する決定的ルール」と呼ばれています。

名前からもわかるように、汽笛を鳴らすことは厳しく決められていて、他の列車とすれ違うおよそ20秒前に4回警笛を鳴らすことを義務付けています。しかし、それだけではありません!列車の警笛というのは、とっても有効なコミュニケーション方法。列車の警笛合図にはきちんとしたシステムが存在し、様々な音のコンビネーションで異なることを意味します!

タイムスタンプ:

短い警笛 1:10

長い一回の警笛 1:25
3回の短い警笛 1:50
より良く聞くであろう合図 2:22
運転手が警笛を鳴らしてはいけない場所 3:17
列車がすぐ止まれない理由 4:03
坂道を登るのが問題な理由 5:25

#列車 #線路 #ブライトサイド

概要:

-幾つかの短い警笛が聞こえたら、運転手が動いている列車に注意を引こうとしているということです。

-長い口笛のような音は、列車が完全に停車して、運転手さんが空気ブレーキを使用する際に聞こえるはずです。

– 2回の長い警笛は、列車がブレーキを外して、出発することを意味します。

-動いていない列車から発せられる3回の短い警笛は、列車が後ろ向きに移動するという合図です。

-短い警笛の後の一度の長い警笛は、列車が何らかの機材や線路上で作業をする人に近づいていることを示します。

-最もよく聞くであろう合図は、2回の長い警笛からの1回の短い警笛と長い警笛です。列車は、踏切に近づくたびにこのように警笛を鳴らします。ご存知の通り、踏切は鉄道と道路や複数の鉄道が交差する場所。

-、フロリダ州では過去に警笛の禁止を試みました。しかし、平安はそう長くは続きません。踏切での事故がほぼ2倍になって、この禁止は廃止されたのです。

-どうやら、高速で移動する重い物体というものは、実は結構すぐに停止することが可能なようなんです。

– 2つの間の摩擦は、車のゴムタイヤとアスファルトの道路との間の摩擦の半分しかないんです。

-ブレーキがあまり得意ではない列車は、坂を上る際により大きな問題を抱えています!

-私たち人間は、80度くらいのかなりの傾斜でもどうにかできます!しかし、ハイスピードの列車にとっては、最高傾斜は、2.5度から4度です。貨物列車に関しては、1.5度以上の傾斜でアウト。

-列車によっては、いくつかの原動力によって引っ張ってもらい、あまりきつくない坂を上ることができるものもあります。

-列車が坂を上るお手伝いをした後は、ヘルパー機関車は丘の下まで戻って行って、助けを必要とする次の列車を待つんです。

-雨、雪、線路の落ち葉など、様々な好ましくない状況は、列車が急な丘を登ることを困難にすることがあります。追加の機関車の力を借りたとしてもです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です