客室乗務員が機内を暗くする理由

客室乗務員が離着陸の前に、常に同じ指示を出すのはなぜだと思いますか? 中には変に思えたり、論理的じゃないと思えるものもあるはずです。なぜ、窓の日よけを開いたり、夜間のフライトで機内を暗くしたりする必要があるのでしょう? パイロットの前にも窓はあるし、乗客用のキャビンが暗いかどうか見ることもできないはずです。 一体どういうことなんでしょう?

フライトで最も危険なのは離着陸時です。飛行機が空中で衝突することはめったにありません。パイロットにとっては、高高度の飛行や、乱気流の方が航空機を簡単に制御できるのです。そんなことはパイロットにとっては朝飯前。 実際、ほとんどの墜落事故は、飛行機が空港から離陸しているときや、滑走路に戻り、着陸している最中に発生します。ですので、機内で与えられる指示には全て正当な理由があり、全ては乗客の安全のために行われています。ここでは、それらにどのような意図があるのか見て行くことにしましょう。

タイムスタンプ:
機内の電源 1:10

緊急時 1:45

海賊がアイパッチを着用した理由😜 4:05

背もたれを真っ直ぐにしなければならない理由 4:50

窓の日よけを開かなければならない理由 5:37

携帯電話はどうすれば良いのか? 6:43

#飛行機 #飛行規則 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 機内の電気は発電機が発生させているのですが、重要な離着陸時には全力で稼動しています。

– 明かりを消すのは、発電機に最も負担がかかる際の妨害を防ぐための予防措置なのです。

– 人間の目は、明るいところから急に暗いところに行くと、目が慣れるのに時間がかかります。

– 夜間のフライトで乗務員がキャビンを暗くするのは、乗客の目を外の暗闇に慣れさせるためです。

– そして非常口へ案内するフロアライトを見るために目を調整する時間も必要なくなります。ガジェットの明るい画面を使用するのが許可されていないのもそのためなんです

– 事故発生前から目が暗さに慣れていると、突然暗闇に突入した場合と比べて、約1,000倍、目が良く見えるのです。

– 乗客は、シートベルトを締めた状態で座席に座り、背もたれやトレイテーブルを元に戻さなければなりません。

– 緊急の場合、この位置にしておけば、頭と首への怪我のリスクも低くなり、自分にとっても後ろの乗客にとっても安全なのです。

– パイロットは、乗客が興味津々で、異常を発見する適任者であることを心得ています。 乗客は異常を見つけたら、すぐに乗務員に報告するでしょう。

– プラスチックの日よけは様々な怪我の原因になる可能性があります。胴体着陸をしなければならない場合、プラスチックが鋭い破片になって、顔や手などに突き刺さってしまう可能性もあります。

– この規則は、ナビゲーションシステムが電波妨害から十分に保護されていなかった頃に作成されたものです。

– ほとんどの調査では、電子機器のスイッチが入っていても現代のナビゲーションには影響しないことが示されています。 そのため、この規則は2014年に公式に廃止されました。

– 一部の航空会社は、未だにこの規則に従っています。 でもこれが世界的に廃止されるのは時間の問題だといえるでしょう。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です