飛行タクシーって、実際のところいつできるんでしょう?

渋滞に巻き込まれて仕事に遅れそうなとき、カオスを避けて目的地に到着する方法を夢見たことはありませんか?今現在、渋滞を避ける方法は、なさそうですが10年以内には、おそらく渋滞のことなんて忘れてしまうかもしれませんよ!

都市部の航空機動の専門家は、将来、エアタクシーというコンセプトにより、何時間もかかかっていた通勤が、たった何分かになると予想しています。素晴らしいことに、思ったよりも、ずっと早く、2023年から2025年の間に実現するかもしれないんですよ!そして2040年までには、空を飛んで移動することができなかった日々を思い出すことはなくなるでしょう。

タイムスタンプ:

エアタクシーのプロトタイプってどんなの? 0:42

飛行タクシーが実現するのはいつ? 1:16

料金は? 2:19

ハイパーループ 2:41

巨大ドローン 3:36

2025年、昔ながらの車はどうなるか 4:32

時速6,100 kmって可能? 6:37

超高層ビルが宇宙船基地に 7:49

#未来 #未来の交通 #ブライトサイド

概要:

- 驚いたことに、エアタクシーを作るために必要な技術は、すでに開発されているんです。さらに、すでにエアタクシーのプロトタイプとテスト用車両は、もう完成しているんですよ!

- でもやらなければならないことはまだまだあります。例えば、飛行電気自動車に電力を供給する電池は、持続時間がもっと長くなるよう開発する必要があります。

- 世界中に何百というヘリポートを建設しなければなりません。数えきれないほどのエアタクシーの数だけ、訓練を積んだパイロット、もしくは無人操縦技術が必要となります。

- サンノゼからサンフランシスコへの運賃はおよそ4,600円です。

- 最も注目に値する技術革新に、ハイパーループがあります。これは、チューブの中で、繭のようなカプセルを発射し、駅と駅を結ぶという未来の交通システム。

- ハイパーループを開発している会社の一つはすでに、長さ1.6 kmの下位尺度の線路を建設しているんです。

- 2025年に1人でどこかに行く予定なら、おそらく、一人乗りの自動で動く巨大なドローンに乗っていることでしょう。

- A地点からB地点まで行くには、特別なスマホのアプリに場所を入れるだけ!

- 2025年に昔ながらの車を持っているとしたら、自動運転になっている可能性が高くなります。ハンドルを手で持っていなくてもいいってことですよ!車が運転してくれますので。

- 先ほどのお話ししたようなルートを使い、トランスポートネットワーク全体を建設することを提案するプロジェクトもあるんです。一度に1人の乗客が着席でき、事前に説明されたルートに沿って移動できます。

- 車を持つ代わりに、5年~10年後には車のフリートサービスを使うことになるでしょう。

- 2040年ごろには超音速飛行機に乗れますから!この飛行機は、信じられないほどの高度を、音の5倍の速さで飛ぶんです。速さは時速6,100 kmにも及ぶんですよ。

- 地球の交通システムの未来に関する最も素晴らしい予測は、2045年までに、宇宙船基地として、機能する巨大な超高層ビルができるかもしれないということです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です