タイタニック号の生存者がたどった運命とは?

1912年4月15日深夜、氷山に衝突したタイタニック号は706人の生存者を残し、北大西洋の海へ沈みました。

残された人々はいったいどのような運命をたどったのでしょう。

不沈の異名を持つモリー・ブラウンは、1964年の映画やブロードウェーミュージカルなどで人気の登場人物となっていました。

そんな彼女は脚本家の創作ではなく、実在の人物でした。

タイムスタンプ:

不沈のモリー・ブラウン 0:30

沈没から生存した女性 2:14

1912年の映画に出演した女性 3:11

離れ離れになった兄弟 4:25

7歳の乗客 4:33

ホワイトスターラインの会長 6:26

テニス選手リチャード・ノリス・ウィリアムズ 7:16

写真:

Titanic (1997): By Twentieth Century Fox Film Corporation/Capital Pictures/East News, https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/58252157/i/11/t/127

Animation is created by Bright Side.

School House Farm, Great Ashfield: By Geoff Wadsworth, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9134744

Terraced Cottages, Long Thurlow Exterior paint colour chart on the main road: By John Myers, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12288595

アニメーション:

Bright Side

概要:

-不沈の異名を持つモリー・ブラウンは1964年の映画やブロードウェーミュージカルで人気の登場人物でした

-彼女は実在の人物だったのです

-また別のすばらしい女性といえば、3つの海難事故を生き延びたバイオレット・コンスタンス・ジェソップが挙げられるでしょう

-女優のドロシー・ギブソンは事故を基にした1912年の映画に自ら出演しました

-ギブソンがカルパチア号に乗ってニューヨークへつくと、エージェントが彼女にタイタニック号を題材にした映画への出演を打診。彼女は自ら脚本を書いただけでなく、当時と同じ衣服を着て撮影に臨みました

-タイタニック号の事故によって引き裂かれた家族もありました。ミシェル・マルセルとエドモン・ロジェのナヴラティル兄弟は、父親とともに乗船した時まだ幼い子どもでした

-二人は一ヶ月後、新聞紙上で母親によって発見されました

-エヴァ・ミリアム・ハートはタイタニック号に乗船した頃たったの7歳でした。彼女の母親は嫌な予感がするといって、眠ることができませんでした

-船のオーナー会社の会長であったジョセフ・ブルース・イズメイは折りたたみ式の救命ボートによって救助されました

-プロテニスプレイヤーのリチャード・ノリス・ウィリアムズは父親とタイタニック号に乗船していました。女性や子どもにボートを譲るため、彼は父親とともに船の上に残されました

-波によって救命ボートに押し出された彼は、幸運にも救助されることとなりました

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です