パラレルワールドに行けるとしたら、どうする!?

宇宙は、存在するすべてを意味しており、「多次元宇宙」は、無限な数の「すべて」を示しています。映画やテレビ番組で、パラレルワールドについて見ると、一つだけのようにも思えますが、実際は違います。知覚も観察もできない、より高い次元で並んで存在する無数の宇宙があると言われているんです。

各宇宙には、あなたによく似た「コピー」が存在します。ただ、彼らは、毎日あなたの決断と異なるさまざまな選択をするんです。無限の機会を与えてくれるので、素晴らしいようにも思えますよね。では、パラレルワールの可能性を示す科学的証拠はあるのでしょうか?

タイムスタンプ:

多次元宇宙ってなに? 1:03

存在する可能性はあるの? 2:17

電子が持つ力って? 2:42

「多次元宇宙論」のコンセプトとは? 2:55

ビッグバンの前の宇宙 過去へのタイムトラブルの可能性はある? 3:27

未来へのタイムトラブルは? 6:13

ヒッグス粒子 8:38

#パラレルワールド #宇宙 #ブライトサイド

概要:

―知覚も観察もできない、より高い次元で並んで存在する無数の宇宙があると言われています。

―各宇宙には、あなたによく似た「コピー」が存在します。ただ、彼らは、毎日あなたの決断と異なるさまざまな選択をするんです

―宇宙では、私たちのものであろうと、パラレルなものであろうと、すべて繋がっています。最小のものは、最大のものに直接影響を与えるんです。

―「可能性」がある限り、それはどこかですべて発生するんです。粒子のあらゆる可能性を組み合わせると、いろいろなシナリオが作られ、異なる宇宙が生み出されます。

―ビッグバンの前、宇宙は非常に熱く、小さい、密集点であり、星や形、構造は一切なかったんです。

―今でも銀河は、お互いから離れ続けていて、拡張しています。

―これが起こっている間に、他の宇宙が現れるんです。宇宙によっては、あまりにも早く膨張し崩壊したため、原子や銀河、また生物を全く持っていない事もあるでしょう。

―時空は、絶えず作られ伸びているので、ある時点で、それらが繰り返される必要があると、数学者は言っています。

―アインシュタインの有名な理論によると、時空からループを作り、その中であれば、移動が可能となるそう。

―未来へのタイムトラブルについても、同じ理論で説明ができます。アインシュタインは、時間が絶対的なものではないと信じていました。

―もう一つ、未来へのタイムトラブルの可能性として重力があります。アインシュタインの理論によると、重力は時間を遅くするそうです。

―もし、本当にパラレルワールドの理論が正しいのであれば、無数の選択を行っているという事。無意識のうちに、パラレルワールドを行き来していることになるんです。

―現在の技術で、人間は、私たちの観測可能な宇宙を超えるものを、見る事はできません。

―2012年に大型ハドロン衝突型加速器の科学者は、ヒッグス粒子と呼ばれる、他の粒子に質量を与える素粒子を発見しました。それがなければ、原子や人間が形成される事もなかったでしょう。

―科学者はこれらの粒子を見る事は、できていませんが、CERNと呼ばれる欧米各研究機関は、その粒子を発見するためにも、より強力なコライダーを構築する計画があると発表しました。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です