空から落ちながら溺れかけた男

九死に一生物語は多々あれど、1959年に、海軍中佐ウィリアム・ヘンリー・ランキンの身に起こった話を超えるものは、なかなかありません。

何を隠そうこの男、運の悪い日に溺れかけたんです。空から落ちながら…。

いったいどういうことか、よくわかりませんね。

さあ、彼の物語を見ていくことにしましょう。

1959年7月26日、ランキンは、超音速単発機F−8クルーセイダーに搭乗、ノースカロライナ州沿岸部を僚機パイロットのハーバート・ノーランとともに、高高度で飛行中でした。

唯一の懸念は眼下で渦巻く大嵐。しかし、彼らはこの嵐を飛び越えて、サウスカロライナの海軍基地へと帰投する予定だったのです……。

タイムスタンプ:

エンジン停止、座席を射出する 0:26

気圧の低い世界 2:06

次々に襲い来る最悪の事態 3:16

雲の中を落ちて…… 3:47

空で溺れる? 5:43

着陸 7:10

その後…… 7:50

概要:

-基地まであと数分という距離にさしかかったとき、異常が発生しました。ランキンのエンジンが停止し、火災を知らせるライトが点灯したのです

-墜落を必死に食い止めながらも、ランキンは最後の判断を下すことになります。彼は座席を射出したのです

-彼は高度12200mの高さで−54℃の気温にさらされました

-あまりにも高度が高かったため、彼は気圧の変化に襲われました。胃はまるで倍に膨れ上がったかのようでした

-ランキンは恐怖と寒さの中、落下を続けました

-ランキンは5分の間、視界のない雲の中を飛び続け、雷や雨、雹、引き裂くような風に取り囲まれていました。そこで彼のパラシュートが誤作動を起こしてしまったのです

-彼は積乱雲の中にいました

-周りでは雷が荒れ狂い、彼の体を揺らしました。雹はあまりにも多く、パラシュートに穴が開くことを彼は覚悟しました

-彼は雷に打たれることなく、多くの傷をおうこともなく、雨で溺れることもなく雲を脱しました。彼に残された課題は、安全に着地すること

-開けた土地を目指していたランキンは、突風に煽られ、木の中に突っ込んでしまいました

-ようやく自由になった彼は、田舎道でヒッチハイクを試みましたが、これもまた困難を極めました

-ランキンは病院で数週間過ごし、完全に回復しました。彼はのちに、この体験を本に書いたのです

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です