空港のUSB充電ポートは絶対に使ってはダメ!

いつの時代も旅行者は犯罪者のターゲット。

何世紀も前から、船旅では海賊に襲われていましたが、現在その賊は、デジタルの世界から襲ってくるのです。

2019年の世の中、サイバー犯罪のターゲットは公共交通機関がなんと第2位。便利なUSB充電ポートには、罠が潜んでいるかもしれませんよ。

これらのポートを利用して、犯罪者はあなたから個人情報を抜き取ろうとしているんです。

スマホが狙われている? 1:27

ビデオジャッキング 1:58

自前のケーブルでどうぞ 2:38

最新機種でも危険なの? 3:36

充電が残り少なくなったら 4:44

特殊なUSBケーブル 5:12

公共の場のコンセントも危険 5:36

セキュリティをかける方法 7:11

概要:

-細工されたポートに端末を差し込んでしまうと、外部のドライブから個人データをコピーされたり、ウィルスをインストールされてしまいます

-この手段はジュースジャッキングと呼ばれており、ビデオジャッキングとともに警戒すべき手口となっています

-細工はポートに置き去りにされたケーブルにされている場合もあります

-ジュースジャッキングが認知されるようになると、スマートフォンの製造者はさらなる安全機能を製品に追加するようになりました

-古いアンドロイドOSはウィルスに対して脆弱です

-最新のアップル端末にはUSB制限モードが搭載されており、これはUSBポートを介したデータのやり取りをシャットアウトします

-最新のOSは比較的安全と考えられていますが、念には念を入れましょう

-自前の充電器をコンセントに繋いだ方が、安全と言えます

-USB充電ポートからモバイルバッテリーに充電し、そのバッテリーを使用して本体を充電すると安心です

-特殊なUSBケーブルを購入することを考えてもいいかもしれません

-12文字のパスワードを使いましょう。母親の旧姓やパスポートの下4桁、誕生日、住所などの文字列は含めないようにします

-SNSで自分の一挙手一投足を世界に知らせて歩いていると、防犯上はあまり良くありません

-搭乗券は絶対にSNSにアップしないように。重要な情報が抜き取られる恐れがあります

-どうしてもアップしたいという場合には、チケットの番号や予約情報、その他のデータ部分は黒く塗りつぶします

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です