音速よりも早く移動する事に成功!?

もし、人間が音の早さよりも早く移動することができる、なんて言ったらみなさん信じます?多くの人はきっと、「そんなの無理でしょ!」って思うはずですよね。考えてみたら、確かにそうですよね。音の壁を破るのは、重力に逆らうスーパーマンの能力と同じくらいありえないもの…。でも、実際のところ70年以上も前に、ある男性がこの不可能な偉業を成し遂げた事があるんです…さて、この男は、一体誰なのか?彼は、どのようにして、音よりも早く移動することができたのか?

将来、伝説となるチャールズ・“チャック”・イェーガーは1923年に生を受けます。チャックは学校を無事卒業し、その年の9月に陸軍航空隊に登録しました。運動神経が良く、どんなに難しいタスクも問題なくこなせたチャックは1943年の3月、彼はついに翼を手に入れ、パイロットとしてデビューすることになります。1年以内に彼は、ヨーロッパ上空を、270時間以上も飛行したそうです。そしてわずか数年で、音速よりも早く移動できるようになりました。

タイムスタンプ:

タイムスタンプ:

チャックの子供時代 0:50

飛行トレーニング 2:26

音の壁とは一体なんなのか? 4:00

音の速度 5:44

X-1とそのミッション 6:51

チャックがどう不可能を可能にしたのか 9:11

89歳になり、もう一度成功したチャック 12:20

#飛行 #飛行機 #ブライトサイド

概要:

―チャックは、ウェストバージニア州にある、ハムリンという名の小さな町で育ち、スージーとアルバート・イェーガーの次男として、この世に誕生しました。ものすごく平和な子供時代を過ごし、積極的で好奇心のある子供だったそうです。

―父親は、ハムリンの天然ガス掘削事業を所有していました。そこでチャックは、発電機、ポンプ、そして圧力調整器に情熱を持ち始めたんです。

―1941年、チャックは学校を無事卒業し、その年の9月に陸軍航空隊に登録しました。そして、それは彼の人生を永遠に変える事になる選択肢だったのです。

―まさに、彼は完璧でした。訓練が始まった時も、他の誰よりも呑み込みが早かったのです。加えて、2.0という高い視力を持っていました。

―そして1943年の3月、彼はついに翼を手に入れ、パイロットとしてデビューすることになります。1年以内に彼は、ヨーロッパ上空を、270時間以上も飛行したそうです。

―科学的に言うと、音の壁は、航空機が音速付近の速度で飛行する時に発生する空力の急激な上昇のこと。

―航空の世界が進歩している中、技術者たちは、バラバラにならずに音速に近づく事ができる飛行機を作る方法を見つけようとしていました。

―音速はマッハ1、つまり時速1,225kmです。でも、マッハ0.8、つまり時速986kmで蓄積された衝撃波は、航空機にとって、危険だったのです。

―X-1のミッションは、ただ一つ。それは音の壁を破る事。音よりも速度を上げて、早く移動するためには、すべての燃料を保持する必要がありました。

―1947年の10月14日、午前10時30分。イェーガーは勇敢に、航空機に乗り込み、離陸したんです。6,100m上がったところで、X-1はB-29から解放されました。

―チャックは不可能を現実のものにしました!彼は音の壁を破り、音速よりも早く移動する事に成功したんです。

―2012年、89歳になった彼は、音の壁を破った65年後にまた再びやってのけたのです!マクドネルダラスF-15、イーグルを飛行し、真の航空チャンピオンのようにマッハ1.3を超えたのです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です