航海中、嵐に巻き込まれた!さぁ、どうする?

ヨットに乗って、青い海を航海してみたい!そう思っていませんか?少ししょっぱい海の風を感じながら、波に身を任せてみる。と、次の瞬間なんと嵐に直撃!適切なギアを持って、外海に出ましょう。トラブルを回避するためにも、出航する前の準備が実は大切なんです。

空と海の両方を見ると、これからどんな天候になるのか、何となく分かります。風、雲、潮流を読む方法について学び、気圧計を随時チェックするようにしましょう。気圧の変化は、これから厄介なことが起こるというサインです。ちゃんと追跡する事で、嵐から逃れる事ができるかもしれません。他にもまだまだ嵐を乗り切るための、プロによるコツがありますよ。

タイムスタンプ:

事前に準備する 0:26

サインを読む 1:01

岸の方に向かう 1:28

一つの場所に留まる 1:57

なるべく風を取り除く 2:34

風を切る 3:11

キャビンなどに隠れる 3:40

荷物が飛ばないように固定する 4:05

存在感を高める 4:34

避難信号を送る 5:14

安全を確保する  5:42

浮いたまま、離れないようにする 6:24

助けを待つ 7:11

ボートのチェックをする  7:44

さらなる損傷を避ける 8:31

水の中にとどまらない 9:06

#船 #嵐 #ブライトサイド

概要:

―人数分のライフベストが揃っている事を必ず確認してください。加えて、イーパブや荷物を抑えるための追加の留め具を持って行きましょう。

―どうしても逃れられそうにない場合は最も近い岸を見つけ、できるだけ早く移動しましょう。

―嵐の中をゆっくり進めば、操縦もしやすくなります。もちろん、速度はボートの重さ、風と波の強さ、そしてあなた自身がどれだけ準備できているのかによって、大きく変わるので一概には言えません。

―ヨットに乗っている人は、嵐から逃れられないと分かったら、すぐにすべての帆を取り外してください。

―コントロールができ、帆も折りたたまれ、シーアンカーが展開されたら、接近する波と風に対して15度の場所にボートを配置しましょう。

―ボートに乗っている人すべてに、キャビン、または船倉庫に隠れるよう指示しましょう。

―デッキはもちろん、キャビン内にある荷物や動く物は、すべてしっかり固定してください。

―存在感を高めましょう。ライトを付けて、定期的にホーンを慣らしましょう。

―物事がうまくいかないと気づいた場合は、無線送信機をオンにして助けを求めましょう。

―本当に危険な目にあっている場合は、乗船しているすべての人の安全を第一に優先する事が大切です。

―ボートがひっくり返り、どうしても水の中に飛び込む必要がある場合は、全員が同じ行動を取った事を確認し、人数を数えましょう。

―ボートの修理が完了し、周りの人の手助けも終わったら、慎重に海岸に向かいましょう。大雨の後、得に近くに川がある場合は、木の破片が水に浮かんでいる場合があります。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:宮司道章造(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です