飛行機の座席の上の三角形には何の意味があるか?

飛行機って素晴らしい移動法だって考える人が多いと思いますが、駐機場で離陸を待つことになると、なかなか退屈なものですよね。座席に座って、これなら車の方が早かったんじゃないか、なんて考えてしまいますよね。そんな時に、何気なく機内を見渡すと、窓の上にある三角のシールが目に入ったことのある人も、いるのではないでしょうか?このシールは飛行機の4つの窓にのみ貼られています。

通常、赤か黒で、探してみると見つかる、という程度の大きさですが、探していなければ見逃しがちなのです。でも、何で貼ってあるのでしょう?陰謀のせいでしょうか?答えはそんなにドラマティックじゃありませんが、なかなか面白いんです。飛行機が好きなあなたにとっては特にね!

タイムスタンプ:

このシール、一体何❓ 0:44

眠るための隠し部屋 2:07

翼のループ✈ 4:19

窓の穴 6:05

隠された手すり  7:35

アームレストを調節するボタン✋🏻 8:56

#飛行機 #航空 #ブライトサイド

概要:

- 次回、飛行機に乗った時に、よく見て見ると、三角は飛行機の翼の前後の端と並んでいることに気づくはず。

- 三角のシールは、CAさんが、どの窓から外を見ればいいかわかるように貼ってあるというわけです。

- 多くの旅客機には、疲れ切ったクルーが、必要な睡眠を取り戻すための小部屋があるんです。

- この部屋が、どの場所にあるかは飛行機にもよりますが、クルーの待機場所は通常、ファーストクラスの真上にある窓のない小さな小部屋。

- もっと大型の飛行機には、2段ベッドを10台まで設置することができ、それとは別に、コックピットのすぐ上に、パイロット用の部屋も準備されているんです。

- エアバス製のジェット機に乗っていると、通常は白くて、なめらかな飛行機の翼に黄色いループが突き出ているのが見えるかもしれません。

- 飛行機の翼は、空気力学上、なめらかでなければなりませんが、それでは、その上に立つのが難しくなります。

- 技術的な大躍進のおかげで、乗客を避難させる際に、不幸にも飛行機の翼から滑ってしまう心配はなくなりました。

- 旅客機は、高度を上げていても乗客が快適に呼吸できるよう内圧を保たねばなりません。

- この小さな穴はブリーザー・ホールと言って、飛行を続けるための重要な役割を担っています。

- 現在飛んでいる、多くの旅客機には、頭上の収納庫の長さに沿った、手すりがついているんです。その主な機能は、乱気流の際もクルーが安全に歩くことができるようにするため。

- 飛行機の旅で、人々が抱える不満には、狭さもありますよね。特別、背が高くなくても、経験したことがある人は多いのでは?

- 真ん中の席の場合は、悪い席を取ってしまったと、あきらめるほかありません。

- アームレストの下部分を触ってみると、蝶番のそばに、小さなボタンがあることに気づくでしょう。それを押すと…あの煩わしいアームレストを、どかせることができるんです!

- これで自由に動くことができ、到着した際、頭上のコンパートメントから荷物を出すのも、簡単になります。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:宮司道章造(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です