ハリケーンと台風と竜巻の違いって?

ハリケーンと竜巻の違いはわかりますか?じゃあハリケーンと台風は?

どの現象も強風を伴っていますよね。

てから傘をもぎ取るどころか、家までもが飛ばされてしまう危険すら孕んでいます。

今回はそれぞれの自然現象の違いと、その共通点について見ていきましょう!

穏やかな、寒冷な気候の地域に住んでいる方は、台風やハリケーンを心配する必要は薄いといえるでしょう。

これらは熱帯低気圧。南の亜熱帯気候の地域で発生するんです。

タイムスタンプ:

熱帯低気圧の危険性 0:40

熱帯低気圧? 2:03

熱帯の嵐 2:50

ハリケーンか台風は 3:14

竜巻の特徴は?4:25

竜巻の際の避難のしかた

安全な避難場所6:05

ハリケーンの強さ

カテゴリー1 7:40

カテゴリー2 7:58

カテゴリー3 8:19

カテゴリー4 8:48

カテゴリー5 9:21

概要:

-熱帯低気圧は空に集まる分厚い雲の塊で、反時計回りに回っています

-熱帯低気圧の発生頻度は以外と多いものの、ハリケーンや台風に成長するものはそこまで多くはありません

-弱い熱帯低気圧は嵐を引き起こしますが、風速はさほどではありません

-風速が17mを超えると、いよいよ台風と呼ばれるようになります。家の中に避難するのが良いでしょう

-より強力になれば国際的にハリケーンや台風と認識されるようになります

-強力な熱帯低気圧が北大西洋、北東太平洋で発生すると、それはハリケーンと呼ばれ、北西太平洋で発生するとそれは台風と呼ばれるようになります

-台風よりもハリケーンの方が発生件数は多く、その理由は大西洋と太平洋の水温の差にあります

-竜巻はどこででも発生する力を持っています

-竜巻は渦巻く風の柱で、雷雨を伴い、悪天候をもたらすというよりは悪天候によってもたらされます

-恐ろしい力を持ってはいるものの、竜巻の被害は局地的で、竜巻そのものも長くは続きません

-目は無風状態で静かですが、より安全な場所は災害から遠く離れた場所でしょう

-ハリケーンには5カテゴリーが存在しています。カテゴリー1は熱帯低気圧より激しいものの、国によっては熱帯低気圧と認識されます

-カテゴリー2は風がより強く、被害も大きくなります

-カテゴリー3は災害と認識して良いでしょう。大きく強力で、レースカーにひかれたような衝撃をもたらします

-カテゴリー4のハリケーンには遭遇したくはないでしょう。大きなものが巻き上げられ、大きな被害を引き起こします

-カテゴリー5のハリケーンは何があっても避けるようにしてください

-ハリケーンの名は長らく女性名だけとなっていましたが、男女の機会均等の風潮が高まるにつれて、男性の名前もつけられるようになりました

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です