飛行機は霧の中に着陸できるの?

霧の中での運転は怖いですよね。では霧の中での着陸は?

世界に飛行機が搭乗してすぐの頃、飛行機は日中、天候が良い場合のみ飛行することができました。

当時のパイロットたちは、安全を自分たちの目に頼っていたのです。

着陸態勢に入った飛行機は、天候情報を集めます。

特定の周波数から得られた情報に基づき、パイロットは判断を下すんです。

雲がまばらの場合は安全な着陸となるでしょう。しかし、雲が低すぎると、視界の問題が発生します。

視界不良の状態で、果たして飛行機は着陸することができるんでしょうか?

タイムスタンプ:

雲の高さの指標 1:00

計器着陸装置 2:01
霧の中の着陸 5:40
恐ろしい最後の瞬間 8:43

概要:

-雲に関してよく耳にする言葉がシーリング。これは最も低い雲の高さを示すものです

-雲はAGLに基づいて報告され、パイロットは離陸時に雲の高さ二常に気を配ります

-視界不良の状態で着陸を試みる旅客機は、空港に備え付けられた特殊な装置を頼りにそれを行います

-霧のかかった状況下では、管制員は常にパイロットと交信し続けています

-現在の飛行機には計器着陸装置が備え付けられています

-飛行機の垂直の位置情報を測るものはグライドスロープと呼ばれます

-計器着陸装置のおかげで、飛行機は障害物を避け、正しい着陸地点へ向かうことができます

-視界ゼロの状態で着陸するときに最も恐ろしいのは地面です

-小さな空港にはそのような設備を備え付けるだけの予算がありません

-一方、大きな空港には、霧の中でも着陸を行えるような設備が存在しています

-悪天候下では、飛行機の離着陸数は少なくなります

-霧の中で滑走路へアプローチをする際、パイロットは一次機能がすべて正常であることを確認しなくてはなりません

-飛行機の体制が整ったところで、自動操縦が起動され着陸が開始されます

-霧の中での着陸の最中、パイロットは独立したコンピューターに命令を出します

-最後の瞬間、自動操縦は降下率を下げ、滑走路への進入路が正しいことをチェックします

-現代の飛行機のIRLシステムが誤作動を起こすことは稀ですが、手動操縦による着陸と自動操縦の着陸の差は、経験豊富な乗客なら感じ分けることができると言われています

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です