救助ヘリがエベレストに登れない理由

雪崩やその他の理由によって山で立ち往生してしまう登山者。降りられなくなってしまった彼らのために、ヘリコプターが救助に向かわないことがあります。

その理由はいったいなんなのでしょう?

着陸場所を選ばないことこそが、ヘリコプターの利点なのでは?

実はヘリコプターは高高度を飛ぶことに適してはいないんです。

今回は一般的なヘリコプターのなぜに迫ります!

タイムスタンプ:

ヘリコプターの仕組み 0:41

エベレストの山頂に到達したヘリコプター 2:28

車輪がついたヘリコプター 3:33

ローターが2つなわけ 5:04

雨の中は飛べるの? 6:17

夜間飛行は可能なのか 6:58

逆さまに飛ぶことはできるのか? 7:29

概要:

-飛行機が翼から揚力を得るのに対し、ヘリコプターはローターから揚力を得ます

-ローターが生み出す揚力は大気の密度に依存します。密度が高ければ、安全で快適な飛行が約束されます

-ヘリコプターは機体の重さだけでなく、搭乗員や貨物の重さも支える必要があります

-高高度を飛行する場合、パイロットはホバリング、着陸、離陸に必要な動力を計算しなくてはなりません

-かつてはほとんどのヘリコプターに車輪が付いていましたが、着陸場所が田畑など荒れた場所となることが多かったため、装備が更新されました

-ヘリコプターは飛ぶために、メインローターを使って空気を下へとおし下げる必要があります

-ローターが時計回りに回っていると、機体は反作用で反時計回りに回ります

-雨そのものはヘリコプターの機能に影響を与えませんが、視界を悪くしてしまいます

-ヘリコプターは衝突を避けるため、暗闇での飛行はできるだけ避けようとします

-逆さまに飛ぶことができるヘリコプターも世の中には存在します。ローターの回転数は1分間当たり500回以上と、かなりのもの

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です