宇宙に旅するためのクレイジーだけどあり得そうな方法10選

現在、宇宙に行くための唯一の手段はロケットですよね。しかし、どうやら近い将来、地球の大気圏を潜り抜ける、新しくておかしな方法が実現するかもしれないんです。 宇宙エレベーター?おかしいですか?これが実現すれば、4~6つの巨大なケーブルで、惑星や宇宙ステーションにつなげられます。

投石機?このいわゆる投石機は、実際はハイスピードで回る巨大な遠心機。これはかなりのスピードを出します。NASAが以前に似たようなテクノロジーをテストしており、ロケットに比べると信頼性に欠けるという結論に達しています。しかし、やってみないとわかりませんよね?さて、他には何があるでしょう?風船なんかはどうですか?革新的な技術では……ありませんね…。ここでお話ししているのは、成層圏、そして宇宙まで飛んでいき、パイロット2人と、乗客6人を乗せることが出来る、ただの巨大なヘリウムガスの風船のこと。興味が湧いてきました?それでは、宇宙に行くための面白い方法10選をご紹介しましょう!

タイムスタンプ:

投石機 0:25

宇宙エレベーター 1:00

風船 1:47

軌道輪 2:29

スカイフック 3:11

飛行機 3:44

宇宙噴水 4:22

宇宙大砲 5:29

発射ループ 6:08

マスドライバー 6:40

宇宙へ行く方法 7:19

#宇宙 #未来 #ブライトサイト

Summary:

-投石機テクノロジーの主な課題は、強い抗力です。これにより、上層大気を押しのけて進むことが出来なくなってしまいます。

-エレベーター自体は、時速何千キロの速さで、プラットフォームからプラットフォームへ移動します。これらのプラットフォームは、上層大気や宇宙圏に設置されます。

– 宇宙に到着するまでに2時間弱かかります。それに比べて、ロケットは宇宙まで4分で到達が可能です。75,000ドルだったら、2時間かかるほうがいいですよね!

-軌道輪の概念は、宇宙エレベーターと似ています。この巨大な輪は、地球の周りに設置され、いくつかの地点で、地上につながっています。

-宇宙から垂れ下がっていて、地球の大気圏のどこかで止まっている、巨大な釣り用のフックなんて想像できますか?宇宙エレベーターのミニ版のようなものですね。結局、原理は同じです。

-ロケットに変身できる、ジェットエンジン付きの極超音速機であれば、宇宙に向かって飛行することが可能でしょう。

-宇宙噴水は、宇宙エレベーターに似ていますが、エレベーターはありません。その代わり、宇宙ステーションと地上ステーションがあります。

-名前からわかるように、このマシーンは、ペイロードを宇宙に放ちます。その計画の一つとして、1,100メートルの宇宙発射体を立て、それを海中の赤道に設置するんです。

– 宇宙列車が、ループの端から発射され、トラックの真ん中につく頃には、もう宇宙に到着というわけです!残念ながら、これを建設するためには、かなりの費用がかかってしまいます。

-磁石が車輪の代わりに取り付けられドライバーの運転を助けます。このいわゆる電車は、上部が上層大気に到達するチューブの中を移動します。チューブは、強力な鉄骨の針で地面にしっかりと固定されます。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です