飛行機が必要以上に高く飛ばない理由

大型ジェット機を操縦しているパイロットが空港から離陸してすぐに行うことは、できるだけ早く、飛行機の高度を上げるということ。ここで余り知られていないのは、通常、普通の旅客機が、離陸してから最初の10分間で9.5kmから11 kmの飛行高度に達するということです。その一方、それぞれの飛行機には、重量と他の特性に基づいた、独自の最適な飛行高度というものがあります。

民間航空機の平均の飛行高度は、9,450 mから11,600 mの間です。 この高度だと、空気が薄くなり、その結果、航空機は、より効率的に飛行できるようになります。さらに重要なのは、燃料の消費量を削減することができるということ。では、現代の飛行機は、それよりさらに高い高度で飛ぶことや、宇宙空間へ飛び経つことが出来るのでしょうか?

タイムスタンプ:
超音速旅客機のコンコルド 1:05

飛行機が10,700 mの高さで飛行する理由 1:57

なぜそれ以上高く飛ぶことができないのか 2:29

はるかに高く飛ぶことができる航空機が1つあった! ✈️ 4:28

スペースプレーンとは何か 🤔 6:00

ヘリコプターはどうなのか? 🚁 7:05

飛行機はどれくらいの速さで飛ぶのか? 9:12

#飛行機 #航空 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– ここで余り知られていないのは、通常、普通の旅客機が、離陸してから最初の10分間で9.5kmから11 kmの飛行高度に達するということです。

– 飛行機は10,700 mの高さで飛行することにより、下層で起こっている強風や大雨などの悪天候を避けることが出来ます。

– 通常よりも、高い高度を飛行すると、飛行機が安全な高度に戻るために余分な時間が掛かってしまうということ。 急激な減圧のような緊急時には、たった1秒でさえ、重要になってきますからね。

– 飛行機が高く上昇しすぎると、空気が薄くなり過ぎて、十分な揚力が得られなくなってしまいます。

– 旅客機は低高度で飛行している間、風を利用することもあるので、そのような高度では飛び続けているだけで、多くの燃料を無駄にしてしまうことになります。

– 通常の民間航空機よりも、はるかに高く飛ぶことができる航空機が1つあったことも確かです。 それは、NASAのヘリオスと呼ばれる、超軽量の全翼機であり、それまで前例のない高さである、29 kmまで達することができたのです。

– 飛行機は、速度が十分で、機体を支えられる大きな翼がある限り、大気の圧力によって飛び続けることが出来ます。

– 確かに、スペースプレーンと呼ばれるものも存在します。 それは、大気圏内では、旅客機のように飛ぶことができ、真空状態の宇宙では、宇宙船のように動き回ることが出来る乗り物です。

– ヘリコプターに関して言うなら、主に短距離の飛行に使用されるので、通常は高度3,000 m以上を超えることはありません。

– さらに、殆どの小型飛行機は、自動車と同じようなエンジンを装備しています。 その結果、4,500 m以下の高さで、比較的短い距離しか飛ぶことが出来ないのです。

– 今日では、ほとんどの民間旅客機が、時速640キロ〜965キロで作動するターボ・ファン・エンジンを搭載しています。

– それより速く飛行しても意味がなく、単に、飛行機が燃料を無駄に消費して、空の旅の費用効率が低くなってしまうだけなのです。

– 時速1,050キロの飛行速度を誇るボーイング787・ドリームライナーは、291人の乗客を搭乗させることができ、1.6キロあたりわずか9 kgのジェット燃料しか必要としません。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です