1日1本のバナナを食べて何が起こるか見てみよう

激しい運動の後に、アスリートがバナナを頬張っているところはご覧になったことがありますか?これには正当な理由があるんですよ。しかも、皆さんや私にも関わることです。もちろん、狂ったようにバナナを頬張れと言っているのではありません。1日1本のバナナを食べることには、体に良いことがたくさんあるんです!

もう少し体重を減らしたいけれど、甘いものを減らすことは出来ないということであれば、バナナが役立ちます。バナナの自然な甘さは、甘いものを欲しているのであれば、体にしみます。また、チョコレートバーに含まれる400カロリーに比べると、中サイズのバナナには100カロリーしか含まれていません。こんなお得なおやつ、常備しておくしかないですね!

タイムスタンプ:

減量に役立つ 0:31

消化器官を健康に保ってくれる 1:07
免疫系を改善してくれる 1:37
肌を守ってくれる 2:08
心臓にも良い 2:36
水分補給をサポート 3:05
肉体的なパフォーマンスを高める 3:38
焼き菓子を作る時砂糖代わりに 4:28
食欲を抑えてくれる 4:59
腎臓もハッピー 5:50
生まれる前から人間を助けてくれるバナナ 6:34
❗️❗️❗️ 知っておくべき副作用❗️❗️❗️

#バナナ #減量 #ブライトサイド

-不溶解性繊維が消化器官に到達すると、分解されずに身体中に回り、不必要なものを取り出してくれます。

– バナナ1本には、ビタミンCの1日の摂取量の10%が含まれています。健康でいるための、魔法の銃弾のようですよね。

– これらの果実のビタミンCは、肌と免疫系を守ってくれる、抗酸化物質です。
– バナナに含まれる主要素であるカリウムは、心臓と血管にとって重要です。
-他の電解質と協力して、体液レベルも制御してくれます。これは、特に激しい運動の後に効果的。

– バナナには、エネルギーレベルを上げるのにちょうど良い量の天然の糖分が含まれています。
– バナナは、自然に甘く、味に偏りがないため、ケーキやマフィンを焼く際に、数本投入すると、砂糖や甘味料の代わりになります。
– カロリー量が低く、お腹を満たして、今一度甘いものに浸ってしまう前に考え直させてくれるような、繊維やでんぷんなど、体に良いものがたくさん含まれています。
-抗酸化物質や他の有益な要素のお陰で、バナナは腎臓を健康に保ち、正常に機能させます。
– ビタミンB群、その中でもB6は、胎児の成長にも重要。通常サイズのバナナ1本には、1日に必要な摂取量の3分の1が含まれています。そのため、医師は妊娠中の女性に、バナナを1本食べるように勧めています。赤ちゃんが健康のハッピーに生まれてくるためにです。

– ラテックスアレルギーの人は、キウイ、クリ、アボカド、そしてバナナにも反応する場合があるそうです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です