飛行機の窓の角が丸いのはなぜ?

飛行機が大好きなみなさんはもうご存知かもしれませんね。

飛行機の窓は一体どうして丸いのでしょう?離陸の時にシェードを上げなくてはならない理由は?

1920年から始まった商業旅客機は、1950年になるまで成功しませんでした。このころから飛行機は、高い高度をとぶようになります。

その理由は、経費削減のためでしたが、これが窓の形に大きな影響を与えることとなったのです……。

当初箱型をしていた飛行機の機体は、円筒形へと変化していきました。

しかし四角いままの窓をつけて運行していた飛行機は、思わぬトラブルに見舞われます……。

タイムスタンプ:

四角い窓はなぜ駄目なのか 0:30

窓のシェードがどうしたって? 2:09

窓の位置、低すぎやしませんか? 3:11

窓はどうしてあんなに小さいのか 3:52

ドアが左側にある理由 5:55

ドアが内開きである理由 6:33

後ろ向きの座席の方が安全性が高い? 7:42

概要:

-窓の角が尖っていると、それぞれの部分にはストレスがかかることになります

-窓のシェードが閉じていると、乗務員は外の様子を知ることができません

-窓を低い位置に置くことで、機体にかかる負荷を分散させるねらいがあります

-大きな窓は機体そのものを脆弱にしてしまいます

-大きな窓は有事の際、多くの空気を外へと逃がしてしまいます

-一方、コクピットのフロントガラスは、大きな予算をかけ、強い負荷にも耐えられるような構造が与えられています

-ドアはどうして内開きなのか?そのヒントは飛行機内部と外部の気圧の差です

-後ろ向きのシートは首や頭、背中を支えるため、通常のシートよりも安全性が高いと考えられています

-しかし、コストの問題から、後ろ向きのシートは一般的ではありません

音楽:

https://www.epidemicsound.com

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です