毎日リンゴ1つを食べて体の変化を見てみよう

リンゴは、比較的安くて簡単に手に入る、おいしい果物として、知られていますし、りんご自体やジュースも口にした事がない人を探すのは難しいのではないでしょうか。海外ではアップルパイは、定番デザートで、お祝い事の席に華を添えてくれるようです。しかし、「1日1個のリンゴで、医者を遠ざける」って本当なのでしょうか?

数十年言われていることですが、本当に、どんな人もリンゴを食べることにメリットはあるのでしょうか?その逆に、食べない方が良いというデメリットは?皆さんのそんな疑問にお答えするべく、健康を保つために皆さんが知っておくべきリンゴの食べ方に関する事実10選をご紹介しましょう。

タイムスタンプ:

果実一つの中のビタミンが豊富 🍏 0:44
脳を鍛えるためにリンゴを食べる 1:38
心臓・血液・血管 2:07
1日1個のリンゴで胃の健康🍎 3:05
リンゴを食べることは減量すること 5:55
より良い消化のためにリンゴをたべる 4:40
1日1個のリンゴで美しく健康に 5:22
リンゴは免疫系を高めてくれる💪 6:00
毎日リンゴを食べる際は限度を持つ 6:24
リンゴは調理の奇跡7:04
リンゴのおもしろ事実 ❗️ 7:40

#リンゴ #美 #ブライトサイド

概要:

-満腹感を感じられるだけでなく、4グラムのビタミンCとマンガン、カリウム、鉄などの1日に必要な大量のマイクロ素子、さらに、ビタミンA、E、B1、B2、B6などを摂取することが出来ます。最も消化しやすい鉄分の摂取源でもあります。

-多くの研究では、リンゴを定期的に食べることで、脳の活動が改善すると示されています。こちらの果物には、特別な抗酸化物質が含まれており、組織の破壊や炎症を防ぎます。

-科学者たちは、リンゴを毎日食べることは脳梗塞や血栓症のリスクを軽減し、血中コレステロール値を安定させると、証明しています。
-特に緑のリンゴは、胃炎の治癒に効くと言われています。これを行うためには、しっかりとリンゴを洗って、それから皮をむいて、すり下ろします。

-青リンゴに含まれる繊維は、吸収されるまでに時間がかかります。そのため、より長く満腹感を得ます。

– リンゴに含まれる繊維とペクチンは、消化問題を改善してくれます。
– リンゴに含まれるペクチンを毎日摂取すると、顔色が改善して、若々しさを保ち、肌の新鮮さを保つ事が出来ます。
-赤いリンゴに主に含まれる抗酸化物質のクェルセチンのお陰で、免疫系を強化して、ストレスへの対処を手伝ってくれます。
-週に少なくとも2回はジムに行くようなアクティブなライフスタイルを送っているなら、リンゴには大きなメリットがあります。しかし、座りっぱなしの仕事をして、アクティブではない生活を送っている場合、リンゴは血糖値を上げてしまって害になります。

-各食事の20分前にリンゴを食べましょう。これで、空腹を和らげて、実際の食事をする時に消費されるカロリー量が減ります。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です