意外!フライト前にしない方がいい12の行動

大多数とは言い難いですが、空を飛ぶということに関して、とても神経質になる人っていますよね。そんな人たちは、たとえ何年経っても、何度旅行しても変わらないでしょう。ですが、神経質な人だけに関わらず、飛行機に乗る際には、事前にできることを確認・準備し、さらに予期せぬ出来事に対しても備えておくことは大切です。
そのように準備を万端にする人は、いつだってシビアなスケジュールをこなし、我々の一歩先を行っているんです。

ただし、それだけではまだ不十分。実は忘れがちなことがいくつかあるんですよ。フライト前に、絶対にすべきでないことは何でしょうか?今回はそんな空港で避けるべき行いについてお話しいたします。

タイムスタンプ:

書類を小さな袋に入れておくこと 0:49

オンラインチェックインをしない 1:32

重量超過した荷物の支払い 2:24

座席表を確認しない 3:19

スーツケースを包装する 3:50

目の前のセキュリティチェックに進む 4:33

手荷物の中に液体を入れておく 5:16

セキュリティ通過した後のリラックスタイム 6:20

食べなれない料理を試す 6:59

乱気流を甘く見る 7:48

抗菌ウェットティッシュを持っていかない 8:47

時差ボケに無頓着 9:12

#空の旅 #旅行のヒント #ブライトサイド

概要:
-例えば空港でリュックをなくしたとしても、それほどの大きさのものなら、見つけられる可能性は高くなります。しかし小さいバッグともなると、見つけることが難しいだけでなく、置き引き犯などに目をつけられる可能性も高くなるのです。

-オンラインチェックインをすれば、その便への搭乗を保証できるようになります。そのため、早くすればするほど良いんです。

-自宅で前もって重量を量るか、もしくは空港内で手に入るものであれば、空港内で買うようにしましょう。

-待ちに待った旅行に旅立つ前に、座席選びを助けてくれる、いくつかのウェブサイトを確認するようにしましょう。例えば、足元のスペースが広いのはどの座席か、など!

-それよりも、よりセキュリティ機能の高い物にお金を使ったり、スーツケースを保護してくれるカバーなどを試したりした方がよっぽど良いでしょう。

-ほとんどの人が、混んでいるにも関わらず、自動的に目の前の列に並ぼうとしますよね。その主な理由は、誰も並んでいない場所は、きっと閉まっているんだ、と思い込んでしまうことにあります。

-次回旅行する際は、持っている液体の量は何度も確認し、できれば透明な容器に移して、トラブルを避けるようにしましょう。

-食べ慣れない料理や食べ物というものが、どれほど胃に負担をかけるかを、よく理解しておいた方が良いでしょう。特にフライト前に試そうなどとは特にご法度です。

-まず乱気流に敏感に反応してしまう人にとって、最適なフライトの時期、または時間帯は、冬、早朝、または深夜帯です。それにしても乱気流と、なぜそんなに頻繁に遭遇するのでしょうか?…それでは、みなさん科学の時間です。

-空港というのは、最も感染しやすい場所の1つなんです。自分自身を守るためにも、抗菌ウェットティッシュや消毒液などを用意することは、文字通り命を救うことにもなり得ます。

-飛行機旅行をする人の93%が経験する時差ボケ。これを回避するベストな方法は、時計や携帯電話の時間を調整して、目的地の時刻に合わせることです。

音楽:
提供 https://www.epidemicsound.com/

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です