旅客機が速く飛ばない理由

一体どうして飛行機はもっと速く飛ばないんだろう?

そんな疑問を考えたことはありませんか?

スマホもインターネットも、日々の生活も、スピードアップしているというのに。飛行機だって速く飛んでもいいじゃない。映画一本見れば、目的地に着くくらいに……。

スピードはエンジニアやパイロットが挑戦し続けてきた、一つの壁。

実際に1945年には、ドイツのテストパイロットが時速980kmの最高速度をマークしています。

それでもなお、現在の旅客機が比較的ゆっくり飛ぶのには、どのような理由があるのでしょうか?

タイムスタンプ:

タイムスタンプ:

自転車で坂を下ると? 0:39

空気抵抗の罠 1:38

超音速での落下から生還したボーイング747機 5:12

音速よりも早い旅客機 6:24

……が廃れたわけ 7:36

ゆっくり飛んだ方が良い理由 8:35

概要:

-車の窓から外に手を出すと、その速度に応じて空気抵抗を感じることができます

-飛行機が音速を超えると、その周囲で円を描いて移動していた粒子はそのペースについていくことができなくなります

-超音速で飛行すると、空気抵抗は非常に大きくなります

-1985年にボーイング機が音速を超えて落下したケースがありました

-音速よりも速く飛ぶ飛行機の形状は鋭く、直線的になっています

-かつて旅客機として利用された2つの機がありました。コンコルドとツポレフ144です

-ルポレフ114は3年間運用されましたが、旅客機としての利用はたった半年のみでした

-コンコルドは燃費の悪さが目立った弱点として挙げられていました

-大西洋上をコンコルドが飛んでいた時代、ファーストクラスのシートは今ほど快適なものではありませんでした

-スピードは速ければ良いわけではないことが現在はわかっています

-長い実験を経た結果、最も最適な旅客機の速度は時速900kmとされています

音楽:

https://www.epidemicsound.com

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です