存在を許されない禁断のブラックホールとは

2019年の4月10日、天文学者はついにブラックホールの写真撮影に成功しました。

しかし、そのような偉業を成し遂げた後でも、ブラックホールについてはあまり深く知られていません。そんな中、ある変わった特徴を持ったブラックホールが発見されることとなったのです。

2019年7月半ば、謎めいたブラックホールが発見されました。

ハッブル宇宙望遠鏡によって発見されたブラックホールは従来より小さかったにもかかわらず、巨大ブラックホールと同様の特徴を備えていたのです。

タイムスタンプ:

ブラックホールとは? 1:19

物体がブラックホールとなるには? 1:54

ブラックホールがブラックと呼ばれるわけ 3:23

NGC3147のブラックホール 4:48

概要

-ブラックホールとは、宇宙で最も小さく密度の高い存在で、恒星などを飲み込み、人の目には映りません

-すべてのブラックホールは、かつては恒星だったと考えられています

-ブラックホールの中心は特異点と呼ばれています。その重さは太陽の数億倍〜数百億倍にも達します

-ブラックホールのポイントはその密度。どのような物体も十分な密度まで圧縮されれば、ブラックホールへと変化します

-特異点付近の空間は事象の地平面と呼ばれています

-降着円盤は超高温のガスと宇宙塵からなり、その動きは事象の地平面へ近づくほど早くなります

-IC1101銀河に存在する超大質量ブラックホールは銀河が巨大な分、それ自身も巨大で、太陽の400億倍の質量を持っています

-天の川銀河の直径はおよそ10万光年。一方IC1101銀河は600万光年の直径を持ちます

-天の川で最も大きなブラックホールはいて座に存在し、銀河の中心に位置します

-NGC3147銀河は地球から1億3千万光年離れており、その大きさは比較的小さいため、超大質量ブラックホールほどのものを維持するだけの物質が存在していません

-従来、このようなブラックホールには降着円盤が存在しないだろうと考えられていました

-このような意外な発見によって、科学は進歩して行くのです

-このブラックホールに降着円盤が存在している理由は、未だ明らかにされてはいません

音楽:

https://www.epidemicsound.com

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です