冬眠をした最初の人間

寒い冬は、暖かい毛布にくるまって、熊のように冬眠して過ごしたいと思ったことはありませんか?多くの動物は冬眠しますが、残念なことに、我々人間はできません。 え… 本当に? ここでは、そのようにして3週間以上、寒さを乗り越えた1人の男性についてお話しします。
同僚とピクニックに行くところを想像してください。 もっと楽しくするために、山で集まることにしたとしましょう。山の上で素晴らしい景色を眺めながら、青空の下、おいしいご飯を食べる、2006年10月7日に打越三敬さんは、そう考えていました。

タイムスタンプ:
打越さんがケーブルカーを使わなかった理由 1:00

記憶に残っている最後のこと 2:12

幸せな事故 4:17

食料と水なしの24日間 4:48

彼はどのように生き延びたのか? 5:54

冬眠を活用する方法 6:50

#実話 #サバイバルの物語 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– その日、彼は六甲山に登り、仕事の同僚と集まりました。

– 打越さんと同僚はとても楽しい時間を過ごし、バーベキューを終えた後、下山して家に帰ることにしました。

– 打越さん以外のみんなは、それが一日の完璧な終わり方だと思えました。 でも、彼はさらに良いアイデアを思いつきました。山にとどまって、一人で下山する道を見つけてみようというんです。

– 最初のうちは、すべてがうまくいっているように見えました。楽しい一日の事を考えながら、美しい丘を歩いていたのです。

– ある時点で、彼は道に迷ってしまったんです。

– でも、その小川を越えようとしたときに、滑って転んでしまい、最悪なことに、骨盤を骨折し、ほとんど普通に歩くことが出来なくなってしまったのです。

– このことを後に「太陽が出ている時、牧草地にいて、凄く心地が良かった」と語っています。これが彼に思い出せる最後の記憶だったのです。

– 10月31日にたまたまハイカーがこのあたりを歩いていたのは本当に運がよかったと言えます。ハイカーの男性が偶然発見したのは、もちろん打越さんでした。

– 打越さんは負傷してから24日間、食料と水、さらに雨や寒さに対する保護なしで過ごしていました。

– 自分自身を保護するために、体が冬眠に近い状態に陥ったということです。

– 打越さんは明らかに20日以上何も食べていなかったので、代謝が最小限のレベルまで低下していました。

– 2か月間、神戸の病院で治療を受けた後、打越さんは完治しました。 彼を治療した佐藤慎一救急部長は、まるで何事もなかったかのように、脳も100%回復していると発表しています!

– でも、ほとんどの科学者は、人間が冬眠した最初の記録であると興奮しました。

– 冬眠は宇宙を探索するための大切な鍵になるかもしれないのです。

– もっと現実的な問題に関して言えば、これは医学にも応用できるはずです

– 実際に、冬眠に少し似た治療法は外科医によって何十年もの間使用されてきました。

– 研究者たちはさらにこの手法を活用し、冬眠をシミュレーションをするかもしれません。 それか、何か新しいものを開発することでしょう。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です