自宅でショウジョウバエを退治する自然な方法4選

みなさん夏を楽しんでいますか?キッチンには、スイカやイチゴやオレンジなどのおいしい果物があります。ああ、おいしそう! そこで、バナナを買い過ぎてしまった時にでる、あのショウジョウバエのお話をしましょうか。

はい、夏の間には、このような害虫が家に侵入してしまうので色々大変だと思います。ですので、ここではショウジョウバエ、一般にコバエとも呼ばれるアイツラをを永久追放する方法についてのいくつかのヒントをご紹介していきます。

タイムスタンプ:
じょうごを使う方法 0:44

ボウルを使った罠 3:28
フリーザー・スワップ 4:49
予防 5:41

#ショウジョウバエ #害虫 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– このじょうごを使ったトリックはショウジョウバエにとって魔法の罠であり、楽しいDIYのプロジェクトにもなるはずです。

– まず、罠の容器にする、背が高い花瓶かジャーを用意します。

– 次に、ショウジョウバエの餌を選びます。奴らは甘いものが大好きなので、ここには色々なものが使えます。

– 次は、紙を丸めてじょうごの形にして、テープで留めてみてください。

– ここでは、小さな部分を容器の口の部分に差し込んでみましょう。

– 最後に、アイツラがいる果物のボウルやゴミ箱、流しの近くに置いてみてください。

– この方法も似たようなものですが、あまり手が掛からないはずです。この罠では、中型か大型のボウルの底に熟れた果物か腐った果物を置きます。

– そして、炭酸飲料やシロップなどの甘い液体を入れてみましょう。

– ビニールかラップでボウルをできるだけしっかりと覆います。

– これはじょうごを使った罠と同じ仕組みで、餌に引き付けられたコバエを逃がさないようになっているのです。 

– 中型のジャー2つを果物の皮で満たし、透明で伸縮性のあるラップでジャーの口を覆います。

– 中央のへこんでいる部分に、爪楊枝で小さな穴を開けます。コバエはそこから罠に入る仕組みになっています。

– 片方のジャーの中にコバエがいるのに気付いたら、冷凍庫に入れます。

こうすることにより、ハエと卵を凍らせます!
– そもそもコバエが集まるのを防ぐための確実な方法は、果物をキチンと保管するということです。

– 果物が熟した後は、冷蔵庫に入れておいた方がはるかに長持ちします。

– バナナの外側が黒くなってしまった場合にも、冷蔵庫に入れてみてください。そうすることにより、内側のおいしい部分が保存されるかも知れません。

– オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類は、摘み取られた後、熟成が止まるので、冷蔵庫に入れておいても3週間近くもつはずです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です