飛行機からぶら下がっている男を救った2人のパイロット

1941年5月15日、海軍少将ウォルター・オシポフがDC-2機に乗り込んだ時、彼の最後の飛行となるかのような事故に巻き込まれるとは想像すらしていませんでした。 離陸後まもなく、誰にも予想できない事故が起きたせいで、彼は空中でパラシュートに絡まり、飛行中の飛行機の後部からぶら下がる羽目になったのです。

その事件の日の朝、カリフォルニアはいつものように晴れわたっていました。ノースアイランド海軍航空基地は穏やかで、わずか数時間後に繰り広げられる劇的な出来事を警告する兆候は全く見当たりませんでした。彼のパラシュートを開くためのひもが、荷物の袋の自動解除コードに絡まってしまい、パラシュートが飛行機の機内で開いてしまったのです!

タイムスタンプ:
ウォルター・オシポフに起こった信じられない出来事 0:29

飛行機のパイロットの決心 2:59

不可能に挑戦する準備ができていた2人の男 4:36

救助活動 5:51

その後どうなったのか 7:47

#実話 #サバイバルの物語 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– ウォルター・オシポフは、通常のパラシュート降下訓練の準備をしていました。

– オシポフ少尉が荷物をハッチから投げ落とそうと決めたのは、ほとんどの部下が降下した後でした。

– レッグ・ストラップ1本とチェスト・ストラップが破損し、オシポフのパラシュートはDC-2機の尾輪に巻き付いてしまったのです。

– 幸い、この熟練パラシュート兵は、緊急パラシュートを開いてはいけないということを十分に心得ていました。

– ここで唯一考えられたことは、目を閉じ、激しい風に耐える為に腕と足を交差させることだけだったのです。

– 何かおかしいということに最初に気付いたのは、パイロットのハロルド・ジョンソン大尉でした。

– 残念ながら、機内には無線がなく、ジョンソンは救助を求めることができませんでした。

– 飛行機の中では、他の隊員たちもオシポフを救助するために様々な方法を試みましたが、彼に届くことはなく、試みは全て失敗に終わりました。

– ハッピーエンドを迎えるのは無理かと思えた時、ビル・ローリー大尉が空を見上げました。

– ローリーとマッカンツは一緒に飛行した経験はありませんでしたが、両者ともに不可能に近い挑戦に挑む心の準備はできていたのです。

– ローリーとマッカンツは、宙ぶらりんになっているパラシュート兵の真下を、高度91メートルで飛行していましたが、気流が荒く、中々近づくことが出来ません。

– オシポフの体へのダメージは酷く、すでにヘルメットから血が滴っている状態でした。ローリーとマッカンツは迅速かつ正確に行動しなければなりません。

– ローリーは飛行機を適切な位置に保つために最善を尽くしていましたが、時間が余り残ってはいませんでした。

– 奇跡的に、両機とも飛行し続けることができ、オシポフは機体の上に横たわったままでした。 さらに、接触時に複葉機のプロペラがパラシュートの紐を切断したおかげで、飛行機は自由に着陸することが出来たのです!

– 悪夢のような33分間の飛行に耐え、病院に運ばれたオシポフは、完全に回復することができました。

– 6か月後に退院した後、彼はパラシュート降下に復帰し、中尉に昇進しました。

– ローリーとマッカンツは並外れて英雄的な行為をたたえられ、殊勲飛行十字章を受賞しました。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:雪月花(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です