…蚊に刺された時、一体私たちの体に何が起こっているのか

友達との楽しいアウトドアキャンプも、慎ましやかな自宅での一時も、蚊がいるだけで台無しです!うーん、蚊は夏の厄介者ですね!なぜ奴らは刺してくるのか、なぜ刺されたらかゆくなるのか?今日はその答えをお教えします!

蚊は5000万年前から1億年前に進化した、古代の生物だと考えられています。蚊は非常に順応性の高い種であることが証明されており、南極大陸を除き、熱帯のサハラ以南のアフリカからロシアはシベリアの極寒の森まで、大陸の様々な気候で生息しているのです。世界中には、なんと約3000種類の蚊がいます。実は全ての蚊が血を吸うわけではないのはご存知でしたか?それは、蚊の種類によるものではなく、メスの蚊とオスの蚊の違いによるものなんです。血液を必要としているのはメスだけであり、オスの蚊は花の蜜などのみを必要とするのです。そしてオスかメスかの違いは、見た目でわかるんです!

タイムスタンプ:

なぜ奴らが自然の奇跡なのか 1:10

メスの蚊というもの😖 2:17

蚊の一生 3:42

どのようにして獲物を見つけるのか 5:09

どのようにして血を吸うのか 😬 7:33

奴らは麻酔を使う?本当に? 8:21

ところで、どうして血が必要なの? 9:39

#蚊 #虫 #ブライトサイド

概要:

-オスかメスかの違いは、見た目でわかるんですよ!オスの蚊は、メスよりも少し小さいのが特徴。近くを飛んでいる蚊に触覚があることを確認できれば、焦って叩く必要はありません。それはオスの蚊なので、あなたを刺すことはありません。

-蚊の寿命はわずか1ヶ月から2ヶ月ほど。しかしそれはメスの場合。オスはさらに短いんです。なんとおよそ2週間。

-蚊の侵入を防ぎたいのであれば、家の近くに水たまりを放置してはいけないということです。

-誤解する人が多いのですが、蚊は光に集まる習性を持っていないのです。ちなみに蚊の立場から言えば、人の血を好んで吸う種はそう多くありません。

-様々な方法がありますが、特に匂いをたよりにするんです。具体的に言うと、蚊はあなたの体温と、生きている全ての生物が放出する、あるモノを嗅ぎ分けます。それは二酸化炭素、CO2です。

-蚊は獲物から攻撃的な匂いを感じ取り記憶することができるので、その後24時間完全にその獲物を避ける能力があるということが明らかになりました。つまり、蚊にしつこく狙われたとしても、払いのけたり叩いたりすれば、蚊は別の獲物を探しに行くということです!

-針は1本ではなく、6本もあったんです!それらのうち2本は、ノコギリ状になっていて皮膚を切り開く役割を担っています。

-蚊は皮膚に針を刺した直後、唾液を流し込みます。唾液は、100種類以上もの成分で構成されており、そのほとんどは、酵素と呼ばれる有機物質です。

-さらには、局所麻酔のような効果を持つ成分もあります。

-メスは卵を産むために血液を必要としているんです。より具体的には、タンパク質と鉄分が大量に必要なのです。

音楽:

提供 https://www.epidemicsound.com/

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です