全員の目の前から消えた男

想像してください。あなたは今、友達数人とグランドキャニオンを歩いています。ボーイスカウトのような、ナイトキャンプを予定しており、思い切り楽しむ予定です。目的地へ向かって歩いていると、目立ちたがり屋の仲間が既に数10メートル先を歩いていました。突然、あなたは彼がつまずくのを見ます。彼の体が地面へと倒れこもうとしたその時、その姿が消えてしまいました。まさにあなたの目の前で。

あなたならどうしますか?自分の目を信じますか?それとも幻覚だと言い聞かせたり?こうした神隠しはよく聞く話ですが、126年前は違いました。誰1人としてこの出来事を論理的に説明することはできなかったのです。それほどの衝撃を、その場の全員が受けていました…

タイムスタンプ:
運命の挑戦 0:48
予想すらしていなかった出来事 4:11
なぜ友人たちは逮捕されたのか 5:11
ジェームズは4次元空間に入り込んだ?😵 6:39
それともテレポートをした? 7:14
👉ここから面白くなっていきます👈 8:01

#ミステリー #タイムトラベル #ブライトサイド

概要:
-ジェームズ・バーン・ワーソンはイングランドのウォリックシャー州リーミントンに住む気の良い靴屋でした。

-彼は何かをひけらかしたり、ふざけて誰かに何かを挑むことが大好きだったのです。

-1873年9月3日、彼と数人の友人たちは、街を歩きながら楽しく笑っておしゃべりをしていました。すると突然ジェームズがあるゲームを思いついたのです。

-そのためにしたことは自然への反逆でした。不利な挑戦に彼の強さと意志の力で挑もうとしたのです。

-不正を防ぐため、友人たちもついていくことにしました。馬車の荷台に座ったのは3人です。

-その時ジェームズは何かにつまずいたようで、転びそうになっていました。頭から地面に落ちて行った彼は、悲鳴をあげながら…そして虚空に消えたのです。

-どれだけ時間が経ってもジェームズの捜索は成果を上げることなく、彼らはリーミントンへと帰ることになりました。

-3人の男たちは勾留され、調査官は何が起こったのか調べるため彼らを尋問にかけました。

-一部の仮説では、ジェームスは誤って4次元空間へと入ってしまったため姿を消したと言われています。

-別の仮説は、ジェームズが瞬間移動したんだというものでした。目的地に着いて勝つために、彼は別の場所へ瞬間移動をした。または別の国へと。

-ジェームズ・ワーソンの失踪は19世紀の著名なジャーナリストであり作家でもあったアンブローズ・ギンネット・ビアスによって執筆され、「未完のレース」の題で、1888年に出版されました。

-作者であるビアス氏は奇妙な出来事を常日頃調査していました。そしてそれこそが彼を優れたジャーナリストとしていました。

-ジェームズ・ワーソンのように、アンブローズ・ビアス氏もまた行方不明となり、足跡が全く追えなくなったのです。

-彼が描いた、ジェームス・バーン・ワーソンのように虚空に消えた作家に何が起こったのか、おかしな仮説が乱立していく中で一つ確かなことがあります。彼の運命は謎に包まれているということです。

音楽:
提供 https://www.epidemicsound.com/

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です