海底に存在する真水の謎

安全な飲み水は人類にとっての貴重な資源です。多くの国々では飲料水が不足しており、新たな水源が常に必要とされています。

そして近年の新たな発見は、この水問題を一気に解決してしまうかもしれないのです。

海底に存在する地下水脈は1970年にその存在が認識されてはいました。そこに溜まる水は飲料水には適していなかったものの、その塩分濃度は海水の半分程度でした。そして2015年、この水脈に対する新たな発見が、界隈を賑わせることとなったのです。

タイムスタンプ:

水脈の大きさ 1:10

どうやって生まれたのか 2:10

完全な真水? 4:10

その利用法は 4:47

海水淡水化施設の問題 5:35

新たな希望 8:40

概要:

-研究者たちは、この水脈が直径350kmにもわたっていることを発見しました

-グスタフソン博士とそのチームは、同様の水脈が世界中に存在していると考えています

-現状、これらの水脈から採水する必要はないでしょうが、その場所を知っておくことは重要です

-海水淡水化施設は世界中に存在しており、脱塩処理を海水に施すことにより水を飲料可能にします

-これらの施設は様々な環境問題を引き起こします

-世界に同様の施設は20000以上存在しており、海洋への影響が懸念されています

-巨大な地下水脈が利用可能になれば、これらの施設を使う必要性も低くなることでしょう

-最近の研究によって、これらの地下水脈は川や降水によって得られる水で大きくなっていることがわかっています

-人類にとって、この発見は様々な意味を持つでしょう。未来への新たな希望となるかもしれません

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です