男らしい大きな背中が欲しくありませんか?5つの超簡単エクササイズ!

みなさんこんにちは!背中の筋肉を鍛えたくないですか?どうやったらハリウッドスターみたいな上腕二頭筋や腹筋を手に入れたいのなら、体の前面ばかり見栄えをよくしても仕方がありません。バランスのとれた素晴らしい体型を手に入れたいなら、背中にも注意を向けないといけないんです!体力と持久力のバランスを上手に取りながら全力を引き出して鍛えられる。そんなエクササイズをお教えします!

❗️ しかし、トレーニング前は必ずウォームアップを行うようにしてください!どんな筋力トレーニングをするのにもウォーミングアップは必要不可欠なのですが、背中を鍛える場合は特に細心の注意を払って行うのが重要です。ここの筋肉を傷つけてしまえば、神経や脊髄を痛めてしまうなど深刻な怪我を引き起こしてしまう可能性があるんです❗️

タイムスタンプ:
1. グッドモーニング 2:07
2. 懸垂 3:35
3. バーベルロウ 4:52
4. ローンモア・ロウ 6:06
5. ニーロール 7:12

守るべきルール

#ビッグマッスル #ワイドバック #ブライトサイド

概要:
-グッドモーニングエクササイズは、背筋下部の筋肉の他にハムストリングスも鍛えられ、今後のトレーニングに必要となってくる、背骨をサポートする筋力をつけてくれます。このエクササイズにおいて最も重要なことは、腰を曲げたり、正面を見ようと首を持ち上げてはいけないということです。

-懸垂は広背筋がターゲットでありながら、背中の他の筋肉も鍛えられる有名なエクササイズです。実はバーを握る両手の間隔を広くすればするほど難易度が上がっていき、より負荷をかけられるようになるんです。

-バーベルロウでは背中の筋肉全てを鍛えられるため、大きく強い背中を得るには最適です。重量は重くなりすぎないように、自分に合った重さでトレーニングしてください。さもなければ、腰を痛めてしまいます。

-ローンモア・ロウは、背中の横側をそれぞれ鍛えられます。小さな筋肉を鍛えるときは、筋肉をより感じながら、負荷を調節できます。

-ニーロールのターゲットは体幹と、またも背筋下部です!

-毎日このトレーニングをしたりはしないでください。適度に休息を取り、2日か3日に1回のペースで鍛えましょう。その間に、別の部位をターゲットにしたトレーニングを行うことは問題ありません。そのようにして、適度にバランスを取りながら肉体を育てていってください。あなたの背中は成長するために休息を必要としているのです。

-少しでも体に痛みを感じたり不快感がある場合、特に腰周りなら、早急に中止してフォームのチェックを行いましょう。

-バーベルやダンベルを使った運動で、何回数をこなしても簡単すぎると感じたなら、重量を増やしてみましょう。

音楽:
エピデミックサウンド社提供 https://www.epidemicsound.com/

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥 (Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です