夢遊病者を起こしてはならない理由

睡眠時遊行症は最も奇妙で恐ろしい現象の一つ!人間の体は信じられないくらい素晴らしいものですが、未知に溢れてもいます!寝ている間に食べたり、料理をしたり、喋ったり、話したり、運転する事を想像してみてください。…そうなんです、これらのどれにも、実例があるんですよ!

いやいや、自分はそんなことない!って否定したくなる気持ちも分かります。でも、睡眠時遊行症だからと言って恥ずかしがる必要はありません!睡眠時遊行症を引き起こす理由は、人それぞれで、専門家は原因を100%確信できていないんです。とは言え、一般的な原因としては、うつ病、強迫性障害、不眠症、睡眠時無呼吸、夜驚症、そして神経系の問題などがあげられます。これらすべに共通するものが何なのか?それは、体がコントロールできないという点です。

音楽:

https://www.epidemicsound.comより

タイムスタンプ:

睡眠時遊行症 1:17

睡眠時遊行症についてどのくらい知ってる?(簡単なクイズ) 1:54

夢遊病者の体は一体どうなっているの?4:33

夢遊病者を起こしてはならない理由 6:24

最善な方法 7:57

対策 8:47

自分の身を守る方法 9:53

#睡眠時遊行症 #睡眠障害  #ブライトサイド

概要:

―夢遊病者だった子供でも、18歳の時には、なくなっている事が多いです。

―子供の間では、女の子によく見られますが、成人の場合は、男性の方が多いようです。

―大人になって睡眠時遊行症にかかる人は、親戚も同じ悩みを抱えている傾向にあるんです。また、双子の場合は、片方が睡眠時遊行症だと、もう片方も同じ病状を引き起こす確率が5倍高くなります。

―夢遊病者は夢を見る深い眠りの段階、つまりレム睡眠、もしくは急速眼球運動睡眠に辿り着いていないため、夢は見ていません。

―まるで、誰かが脳のオートパイロットをオンにしたような状態。実際、あなた自身が意識していない時でも、脳はいろいろとやっているんです!

―起こしたらびっくりするかもしれませんが、それは普通に寝ている人がうるさい音で目覚めるのと同じ。心臓発作を引き起こす事は、可能性として低いです。

―夢遊病者を揺さぶる、ビンタをするなどして起こそうとするのは、危険です。ただ近くにいるだけでも、実は危ないと言われています。どんなに仲の良い親友や親戚でも、暴発する可能性があるんです!

―できる事といえば、優しくベッドまで連れ戻してあげて、寝かせてあげること。これが、ほとんどの専門家が推奨している最適な対処法です。

―催眠術もおすすめ。有資格の専門家がベッドから出た時目覚めるように訓練してくれます。これで、床に足が付いた瞬間、目が覚めるようになります。

―ストレスが睡眠時遊行症を引き起こしている可能性もあるので、瞑想などのストレス緩和も効果的。

―夢遊病者を対処する時、自分の安全を優先する事が何よりも重要だという事を頭に入れておいてくださいね。夢遊病者が何をするのか、予測はできませんよ

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です