アメリカ警察官の秘密12選

国の規律を正すのが警察官。映画の中では、最悪の犯罪者に立ち向かい、尋問を行い、人を助けます。でも、これって全部本当?警察官が行う行為の理由は?

ところで、道端で自分をとめてきた警察官と楽しい会話を交わしたことがありますか?そうだとしたら、気づかないうちにたくさんの有益な情報を警察官に与えていたのかもしれません。警察官は、皆さんが思っているよりもたくさんの秘密を抱えていて、スーパーヒーローなだけではないんです!今回はアメリカの警察官にまつわる秘密をご紹介…

タイムスタンプ:

そうでないと証明されるまでは有罪 0:26

トランクに触れるのは、意味のないジェスチャーではない 1:07
様々なシチュエーションで異なるサイレン 1:59
白状させるためにうそをつく 3:16
行動を起こしてから話す 3:56
細い青いライン 4:50
お互いのことを気にかけている 5:40
フレンドリーな会話には意味がある? 6:26
スーパーヒーローのベルトを着用している 7:24
警察官のほとんどの仕事は事務処理 7:59
あなたのこともよく知っている 8:56
冷たいのには理由がある 9:21

#警察 #知らなかった事実 #ブライトサイド

概要:

-アメリカで警察官にとめられて、何かの罪を問われたら、自分のアリバイを思い返しましょう。
-もしあなたがドライバーであれば、止められた際に警察官がトランクや尾灯に触れているかに注意しましょう。これは警察官が自分の指紋をあなたの車に付けている動きなのです。会話の途中に何かがこの警察官に起こったら、つけた指紋が証拠になるんです。

-交差点や高いビルの間では、より早いビートの「イエルプ」モードが使われます。これは、周りの建造物によく反射します。「ハイロー」モードは、異なるシチュエーションで使われますが、だいたいはかなりの渋滞の際に使用されます。

– あなたにうそをついても良いという法的な権利もあります。警察官が許されていないのは、不本意な告白をさせること。

-アメリカでは、911の電話番号が早急な対処が必要な電話を受けると、SWAT(スワット)が送り込まれます。彼らはドアをぶち破って、中にいる人達を床に伏せさせて、それから質問をします。

-この薄いブルーのラインは、「ここにいます、あなたのそばにいます」というシンボルなのです。警察官は同胞意識のようなものを持っています。
-誰かがトラブルに巻き込まれたら、すぐに他の人が助けにきます。
-手錠、無線、犯罪者を取り押さえるために必要な武器まですべて取り揃えています。
-現実は皆さんと同じようなもので、たくさんのつまらないお仕事をしています。書類をファイリングしたり、空白を埋めたり、報告書をまとめたりなどです。

-警察官の友人がいたら、多分あなたのことをかなり良く知っています。自分から伝えていなかったとしてもです。

-アメリカのほとんどの警察官は冷たい、と一般的には信じられています。実際は、人とかかわるどんな仕事にも同じようなことが言えるんです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:雪月花 (Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です