パイロットがコックピットで自撮り?!

さて、空港の出発ラウンジにてフライト待ちだとしましょう。それから、パリッとした制服に身を包んだパイロットが通りかかります。パイロット、「かっこいい」という言葉を体現した人達!ソーシャルメディア上で、地上何万フィートで自撮りするパイロットの写真を見たら、皆さん本物だと信じますよね?パイロットの生活が一体どう言ったものなのかは、なかなか想像できないものだと思います。皆さんが思っているものとは、違うかもしれませんよ。

例えば、パイロットが病気になって緊急の医療手当が必要になった時はどうすると思いますか?あるいは休憩のためのパイロットがコックピットを出なくてはいけないときは?仕事関連の健康リスクはどうでしょうか?また、時々着陸までに時間がかかかるのはどうしてだと思いますか?空港の周りをグルグル回っていたりするときです。今日はそんな疑問にお答えします!

タイムスタンプ:

家に帰るまでどれくらいかかるのか 0:44
何を食べるの? 1:44
パイロットのひとりが病気になったらどうするのか 2:16
飛行中に寝てもいいのか 2:49
なぜ長距離フライトを好む理由 3:45
健康リスクとは? 4:16
肩章についているストライプの意味 5:24
コックピックで音楽を聴いていいのか 5:57
フライト中は何をするのか 6:22
「エアポケットを通過中です」の意味 7:37
着陸に時間がかかる理由 8:07
自撮りは? 8:46
外国に着陸した時パイロットがすること10:07
無料でフライトを楽しめる? 10:32
良いパイロットがすべきこと 11:04

#飛行機 #パイロット #ブライトサイド

概要:

– パイロットは搭乗客と同じ食事はしません。さらに、ほとんどの場合、機長と副機長は、別の食事をとることを義務付けられています!これも、食中毒を避けるためです。

– クルーたちは応急処置を行うトレーニングを受けており、しっかり補充された緊急医療キットが機内に積まれていることが義務付けられています。

– 大きな旅客機での長ーいフライトには仮眠をとるための秘密の部屋があるんです。この部屋というのは、大抵ファーストクラスの上部に位置しています!

– パイロットがコックピットを出て休息をとる場合、他のクルーメンバーが代わりにコックピット入りしなくてはいけません。
– びっくりするかもしれませんが、パイロットは6~12時間の長距離フライトの方を好みます。長距離フライトを行えば、しばらく休みになるためです。

– この仕事に関連する健康リスクとは何でしょうか?このようなタイプのシフト制の仕事は、心臓病の高い確率と関連しています。

– 1年に2回ほどの健康診断も行います。
– パイロットは、ほとんど自動操縦で飛行しています。
– 油圧、燃料レベル、気温まで、機内のすべてのシステムを監視しなくてはいけません。
– エアポケットを通過中です」というアナウンスは、乱気流を通過中ということです。
-旅客機のパイロットが大きな飛行機の窓から飛び出している写真は、バリバリに写真加工されています。気圧を考えれば、ただ単にあり得ません。

– 次のフライトまでの待機中、航空会社がパイロットに必要なもののすべてを支払います。
– この仕事の特典。パイロットは無料でフライトを楽しめるんです!

– 良いパイロットは、着陸上手って言いますよね。着陸は最も難しく、パイロットの仕事の中で最も危険な部分です。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です