アラスカ・トライアングル:新しいバミューダトライアングル

人類はバミューダトライアングルの秘密も解明できていないのに、新たなミステリーが浮上しました。そうです、皆さん。バミューダトライアングルにはお仲間がいるんですよ。 すごくないですか?

こちらのトライアングルはアラスカに所在。ここでも、何千の飛行機、船、人が失踪しているんです。大自然の美しさでみんなをひきつけて、戻ってくる者はいない…的な?さて、失踪を引き起こしている原因に関しては、たくさんの仮説があるようです。UFOなんて説も…

タイムスタンプ:

消えた何千人もの人 1:36
ビッグフット? 👣 2:47
オッターマン説 5:09
飛行機がUFOに遭遇 6:02
強い電磁場の渦 🌪 7:15
理論的な説明? 8:45
消えた政治家 10:27

#アラスカ #バミューダトライアングル #ブライトサイド

概要:

-ヤクタトとジュノーに近い、南東から始まります。そこからバロー山あたりまで北へ向かい、終着点はアンカレッジです。
-この魔の三角地帯を探索するために訪れる観光客も、地元の人も含めて、跡形もなく消える人が後を絶ちません。
-このミステリーに加えて、完全に消えてしまったり、何の説明もなく墜落してしまった飛行機がたくさんあります。
-ここまでくると、人々は失踪の原因としてまた別の生き物を信じ始めるようになります。ビッグフットです。
-ビックフットは、人里離れた場所に住む、とてもおとなしく、フレンドリーな生き物なんです。ビックフットが、本当はアラスカの人が説明するような生き物である場合、失踪の元凶であるかもしれません。
– 架空の生き物といえば、オッターマンがアラスカトライアングルの失踪の原因だとする説もあります。
– 1986年、アイスランドからアンカレッジに飛んでいた飛行機が、一つや二つならず、3つUFOを目撃したのです。
-航空管制官でさえ、ミステリアスなUFOをレーダーに発見しています。飛行機から、およそ8キロの位置です。
-様々な憶測によれば、多くの人は、トライアングルが、異常に強い電磁場、電磁流、電磁異常の大きく激しい渦の中に存在していると信じています。
-アラスカ全体が、危険な山、有毒植物、野生動物でいっぱいなんです。それに、天候のことも忘れないでください。
-最近の報告によれば、アラスカは国内全体の平均より2倍多くの行方不明者がいる地域です。さらに怖いのは、失踪した人の多くは、結局見つからずじまいのままなのです。
-アラスカ・トライアングルに人々が注目した理由の一つは、50年ほど前に失踪した飛行機。1972年10月、2名の政治家が搭乗していた機体が消えてしまったのです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です