3つの太陽がある惑星?!

天文学者たちは、およそ22.5光年先に新しい惑星を見つけたみたいですよ!この新しい惑星の最もワクワクすることですか?太陽が3つもあるんですよ!研究者によれば、別の生命体に遭遇する可能性があるかもしれない、ということです!

研究者たちが最も沸いたのが、この惑星にも大気が存在するようなんです!つまり、この惑星のどこかで、地球外生命が存在しているかもしれないということです!さらに、科学者たちは、この惑星の大気の存在を裏付けることができそうなんです。これにはかなり期待を寄せている天文学者たち。

この惑星の温度は熱すぎますが、何か、または何者かがこの悪夢的な状況に適応し、生活している可能性はあります。宇宙のお隣さんにすぐお会いできるということですかね?

タイムスタンプ:

全てTESSのお陰 🤔 0:51

この「太陽」とはどんなもの? 3:08

沸騰するほど熱い惑星 3:53

居住者は? 4:40

2つの太陽があったら地球はどうなる? 6:19

仲間がいるかもしれない☀️☀️ 10:04

概要:

– このテス、またはTESS(ティー イー エスエス)は、トランジット系外惑星探索衛星を意味します。私たちの銀河の最も明るい星の周りをまわっている惑星を2018年から探しているNASAのミッションです。

-天文学者は、この衛星の稼働から初めの2年以内で、10,000個の未知の惑星に遭遇するとしています。
– すでにトランジット系外惑星探索衛星は、3つの太陽を持つ惑星を含む、いくつかの惑星を発見しています。この新しい惑星は、LTT 1445Abというなかなか複雑な名前を持っています。

– トランジット系外惑星探索衛星から受け取ったデータによると、新しく見つかった星は、表面が沸騰するほど熱く、160度にまで到達すると天文学者たちは述べています。
– 2011年9月、天文学者たちは、気持ち悪いくらいタトゥイーンに類似した惑星を発見したんです。ケプラー16bと名付けられたこの惑星は、半分が岩と氷、残りの半分がガスでできています。

– タトゥイーン似の惑星の気候は、地球が太陽よりも親星に近いにもかかわらず、かなり寒いです。しかし、これはおかしなことではありません。ケプラー16bの親星は、太陽に比べて明るさが弱いんです。

-天文学者たちは、その状況の中で、地球上で唯一生き延びることができるのは、別の場所からやって来て、なんとか地球上で暖かさを保つことに成功する、高度生命体のみであるとしています。
-地球は、この2つの星の軌道を回ることになるため、1年が少しだけ長くなります。ケプラー16bが回っている2つの星の合計質量は、太陽の質量より10%少ないのです。

– この2つの星は、5日ごとにお互いの前を通ります。そして、毎回、日食が6時間ほど続くんです!

-最も驚くべき違いは、地球から見た空の見え方です。2つの太陽はあまり大きくは見えませんが、色がそれぞれ異なり、とても近くにあり、触れるかのように見えるでしょう。

-私たちの太陽には仲間がいます。褐色矮星のネメシスです。

-現在、天文学者たちは、この矮星が太陽のそばのどこに位置するか、ということを発見できていません。しかし、2017年の研究によれば、このような星は、遠い遠い昔に存在していたかもしれないとのことです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です