女王の前では禁じられている行動と取るべき行動

我々のほとんどはそんな機会に巡り合えないと思いますが、念のために宮廷でのエチケットを学んでおきましょう。女王主催のディナー・パーティーから追い出されたくはないと思いますので、今回紹介するルールをチェックしてみてくださいね。げっぷやおならは論外で禁止、というのは暗黙の了解の上で、主なものを紹介していこうと思います。

皆さんは、女王や王室のメンバーと話をするとき、フランス語の言葉を使うのは失礼だと考えられている事を知っていましたか? これらのエチケットのルールを破っても、鎖に繋がれてロンドン塔に閉じ込められてしまったり、路上に追い出されることなどはありませんが、王室でのイベントをスムーズに進めたかったら、行儀をわきまえた方が良いはずです。

タイムスタンプ:
粗末な服装 0:36

手ぶらで現れる 1:23
女王に触れる 2:22
カジュアル過ぎる挨拶 3:09
女王より前に、座ったり、食べ始めたり、その場を去る 4:27
女王より先に話しだす 5:26
個人的な質問をする 6:26
王族の人間を名前で呼ぶ 7:22
フランス語の単語を使用する 8:36

#女王 #王族 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 自分では心からTシャツや短パンのジーンズが格好良いと思っていても、そんな服装では、最もカジュアルな王室の集まりの時でさえ、追い出されてしまうのがオチです。

– 誰でも皆プレゼントが好きなことに変わりなく、女王も例外ではありません。 君主に贈り物をする習慣は何世紀にも渡って行われ続けている伝統で、それを尊重することは女王に気に入ってもらうためにも大切なこと。

– 人に駆け寄ってハグしてみたいと思ったことはありませんか? 普通の人が相手だったら、害のあるものではありませんが、王族の人間に対してはご法度。

– 女王に挨拶するための正しい作法は、頭を下げるか、丁寧なおじぎをするということ。床に膝待付くことは求められていないので心配する必要はありません。

男性は肩からお辞儀をし、頭を下げて敬意を払うことが当然だとされています。

– 許可なして立ち上がったり、遅れて到着することも許されません。まあ、率直に言えば、それは昔ながらのマナーなんです。

– 女王に話しかける前に、自分がどこに座っているのかを正確に踏まえておくことが大切です。原則として、名誉あるゲストは女王の右隣に座り、慣習として最初に女王により言葉をかけられます。一般論として、女王に会話を始めてもらった方が良いとされています。ですから、このルールに従っていれば、特に話をする順番を考え過ぎる必要もありません。

– 王族の劇的な事件に関して、真実を聞いてみたいという好奇心にかられるかもしれませんが、女王には絶対にそのような個人的な質問をしてはいけません。

– 君主同氏がお互いを名前で呼び合う例はいくつかありますが、あなたがノルウェー王でない限り、名前で女王に話しかけることなど言語道断だとされるのです。

– ここで覚えて欲しいもう1つの重要なポイントは、女王や王室のメンバーと話をするとき、フランス語の言葉を使うのは失礼だと考えられている事です。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です