5セントの商品を販売して富を築いた田舎の男性

お店を思い浮かべてください。長い通路、たくさんの商品が並べられた棚。誰でも定価で商品を購入できます。現代社会では、普通のことですよね?しかし、もし、とある男性がいなかったら、これとは全く違う世界になっていたかもしれないんです。その男性とは、フランク・ウールワース。

彼は、現在我々が馴染んでいる一般的なお店の概念を生み出した人です。実は、この賢いアイディアは、彼自身のキャリアの中で抱えてきた多くの問題に対する解決策でした。彼は、5セントショップから、巨大なビジネス帝国を築き上げます。

タイムスタンプ:

牛の乳しぼりをしていた未来の億万長者 0:47

アイディアを思いついた理由 1:37

商業界入りしたフランク 2:42

食事と寝る場所の提供のみで給料なし 4:09

お客とのコミュニケーションが出来なかった理由4:58

初のお店が開店 6:51

アメリカで最も裕福な人のひとりに8:21

… 高層ビルも建設 9:32

#成功 #金持ち #ブライトサイド

写真出典:

アメリカのニューヨークの自由の女神博物館ショップ— 2018年12月25日: By MarinaMonroe/Shutterstock.com, https://www.shutterstock.com/image-photo/souvenir-statue-liberty-shop-new-york-1314874631

アニメーションはブライトサイド製作です。

概要:

-未来の億万長者は、ニューヨーク州の小さな町に、1852年誕生。親は農場を経営しており、弟とのチャールズと一緒に、ここで幼少時代を過ごします。

-商人ごっこもフランクのお気に入りの遊びです。チャールズと交渉しているフリをして遊びました。ただ、すべてのセールスマンが彼のお手本だったわけではありません。

-その日、フランクは弟に言ったのです。「50セントで、ひとつだけじゃなくて、たくさんのものが買えるような日がやってくる。」

-フランクは16歳の時、学校を退学して、1日を農場で過ごすようになります。

-フランクは、自分の農場での仕事を終えて、夜間はウォータータウンに向かいます。彼は、ウォータータウンで仕事を見つけるということを目標に設定。

-家族ぐるみの付き合いがある友人が、ウールワースを彼のお店で引き受けてくれました。そこで1カ月の研修を受け、ウールワースはオグズベリー・アンド・ムーア・ドライ・グッズ・ストアで初の面接をうけます。

-当時、お店というものは現代の姿とかなり異なるものでした。商品はキャビネットの裏側に隠されており、値札はつけられておらず、お客は訊ねるしかありません。

-彼にとってお客さんとのコミュニケーションが困難だった理由の一端は、これにあったのかもしれません。

-自信をつけ、新しいスキルを覚えていくうちに、フランクはお金をもっと稼げるのではないかと思うようになりました。

– 1877年、フランクが働く店は、予定よりだいぶ多くの売れ残り商品があることに気づきます。他の店では、固定された低価格で商品を売ることで、この問題に対処しているということを耳にしたフランク。

-このアイディアが気に入ったフランクは、このようなビジネスに資金調達する方法を探し始めます。

-初の「ウールワースズ・グレイト・ファイブ・セント・ストア」は、1879年2月、ニューヨークのユーティカにオープン。

– 同じ年の6月、ペンシルバニアのランカスターに2つ目のお店をオープンさせます。すると、たった1日で、在庫の30%が売れ、およそ130ドルを稼ぎ出しました!

-フランクはアメリカで最も裕福な人物のひとりとなりました。しかし、自分のルーツを忘れることが決してなかったフランク。

-フランク・ウールワースは、5セントや10セントの最安値で、誰もが質の高い製品を購入できるようにしようとしました。

-一代で富を築いたフランクは、常に自分を超えようと心がけました。60歳になる前に、もう一つの遺産を残すことに決めます。高層ビルです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です