水中洞窟から生還!2日間のサバイバル!

地下深くの洞窟で取り残されたあなた。しかし救助を求めに向かったパートナーは数日戻っていません。そしてついに、残りの酸素は少なくなり……

シスコ・グラシアという名の男性は、スペインの洞窟でそのような体験をし、そして生還したのです。

56歳の地学教師だったグラシアは、マヨルカの地下に張り巡らされた洞窟ネットワークを探索するダイバーでした。

その時彼は、週末にいつも通りの探索をパートナーと行っていたのです。しかし、経験豊富なダイバーであった彼にとっても、この地下洞窟は恐ろしい場所だったのです。

タイムスタンプ:

嫌な予感 1:06

どちらが残るべきか 3:00

不測の事態、再び 5:41

混乱していくグラシアの脳 6:09

グラシアが洞窟にいた時間 6:35

物語の結末 7:00

概要:

-2017年4月15日、グラシアはいつものように、週末の探検の準備を進めていました

-二人はそれぞれ1時間分の酸素ボンベを4本持って探索へ向かいました

-全ては順調かと思われたところで、不測の事態が発生したのです

-空洞を探索していた二人は衝突し、泥を巻き上げてしまいました

-綱を探した彼らは、それが切れていることに気づきました

-二人はマスカロが救助を探しに出るべきだという結論を出しました

-お互いに別れを告げると、マスカロは救助を求めに出て行きました。その間グラシアは、空洞を探索し、パートナーを待つ体制を整えました

-しかし、何時間待っても、パートナーからの連絡はなかったのです

-グラシアはやがて、幻に悩まされるようになります

-自分の命が終わる、そう覚悟したとき、彼は水面にあぶくが登るのを発見します。幻ではなく、本物のダイバーの姿でした

-グラシアは60時間以上洞窟の中にいました。マスカロはすぐに捜索隊を結成したものの、その捜索は難航していたのです

-救出劇から2年後、グラシアは未だにマヨルカ島の地下洞窟を探検し続けています

音楽:

https://www.epidemicsound.com

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です