指紋と同じくらいユニークな体の部分13選

新しいパスポートを取得するときに指紋を取られるのって、なんだか不安になりますよね。 この手続きを行うと、当局に自分の情報が提供されます。 でも、体の他の部分でも、指紋と同じくらい正確に身元を確認することができるって、ご存知でした?
たとえば、つま先のプリントもユニークだと思ったことはありますか? 一部の科学者は、つま先のパターンが消去される可能性が低いため、つま先の印刷が個人に関する生体認証データを収集するより良い方法であるとさえ考えています。証人保護プログラムの皆さんは、これを絶対に見ておいた方が良いと思いますよ。 さらに、この動画では他の皆さんも知っておいた方が良い情報を紹介していこうと思います。

タイムスタンプ:

舌 0:34

歯 1:27

眼球の虹彩 2:27

耳 3:19

眼周囲 4:16

足の指の指紋 5:02

リップパターン 5:39

目の網膜 6:10

匂い 6:54

音声 7:39

歩き方 8:23

手のひら 9:18

DNA 10:13

#人体 #体の部分 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 舌は指紋と同じように独特なものなので、その形状は、他の人のものと異なるのです。

– 口も、独特な部分であると言えます。 身元が特定できない場合の最後の手段は、歯であるということを聞いたことがあるはずです。

– 虹彩をこのリストに入れないわけにはいきません。なぜなら、我々の虹彩は独自なものであり、左右異なる虹彩を持つからです。

– あなたの耳の内側の小さな溝や出っ張りは独特なものなので、自分と同じ耳の形をしている人は誰もいないのです。 英国の科学者は、耳の内側の曲線に対する光の反射を測定することにより、人々の身元を確認するという方法さえ開発したのです。

– 眼周囲とは、鼻梁と眉毛を含む目の周りの部分のことを言います。 科学者によると、これは洗練された機器がなくても、人を識別できる非常に信頼できる方法だと言うことです。

– 口を使った方法はもう1つあります。 唇の小さな交差した模様は、指の指紋と同じように使えるのです。 実際のところ、アメリカの裁判所では、有罪であることを証明するために、唇紋が使用されています。

– SF映画やアクション映画で、網膜スキャナーを目にしたことがあるんじゃあないでしょうか。一人ひとりの網膜は、独自のものなので、これらの機器は実在するんですよ。 

– 食べるものから体を洗う石鹸まで、自分の匂いに影響を与える要因は沢山ありますが、根本的な匂いは、人それぞれ独自のものであり、環境によって変化するものではないのです。

– 現在の音声認識技術には、誰も驚かないと思いますが、自分の声というのは自分だけのものなのです。 音程や音量のように、出生時からすでに自分の中に秘められている特性もありますが、他の特性は学習により得られたものなのです。

– 歩行による身元確認は、過去10年間、研究されている方法の1つ。 そして、高度なスマートフォンのテクノロジー出現により、それがはるかに簡単になっているんです。

– 手のひらのパターンは、独特であるということ。 でも手のひらを使って身元確認するのって、どうでしょうか?便利…では…、なさそうですね。だって、我々は、物に触れる時、手のひら全体で触れるのではなく、指を使うからです。なので、手形ではなく、やはり指紋を使う方が、はるかに簡単だということ。

– 科学者たちは、DNAの鍵を長い間、研究していますが、未だにその秘密をすべて明らかにすることは出来ていません。 それでも、この分子は、体のほぼすべての組織や体液に含まれているため、髪の毛1本、唾液1滴、または爪の切れ目だけでも十分なのです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です