史上最高に美しい女性に何が起こったのか

大西洋エリアのたくさんの人を魅了してきた女性。彼女は、「史上最も美しい女性」とも称されています。彼女の舞台裏の人生は、画面上の姿と同じくらい謎に満ち溢れていました。さて、あれだけの成功を収めたサイレント映画のスター、グレタ・ガルボは、一体どのような人生を送ったのでしょうか?

このスウェーデン人女優は、記者との対話をかなり嫌っていました。プライベートに関して聞かれたときの、彼女の受け答えをご存知ですか?「生まれて、母親と父親がいます。学校に行きました。それの何が大事なの?」しかし、スウェーデンで過ごした若かりし日々は、彼女にかなりの影響を及ぼしています。この経験がなかったら、そもそも自分の天職を見つけることはなかったかもしれません。…

タイムスタンプ:

ある意味役者デビュー 🎬 1:36

芸名の由来 2:32
ビッグスターになるには才能だけではダメ 3:41
プライベートの生活は? 4:48
「ガルボが話した!」 6:19
ガルボのギャラ 💰 7:14
キャリアの終焉 8:32
映画界を去った理由 9:30
…その後の人生 10:10

#グレタ・ガルボ #ハリウッド #ブライトサイド

写真出典:

『マタ・ハリ』(1931)、グレタ・ガルボのプロモ写真: By Capital Pictures/EAST NEWS, https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/59765170/i/0/t/0

アニメーションはブライトサイド製作です。

概要:

– 父が他界して、4人家族は想像もできないような経済的困窮状態に陥ります。お金を稼がなくてはならず、グレタはデパートで働き始めました。

-1920年にコマーシャルで演技を始めると、映画界への道が大きく開けました。

-1924年に卒業した際、スウェーデンの有名な監督のひとりである、マウリッツ・スティッレルに見いだされます。

– 芸名を使うように彼女に指示したのも、スティッレルです。「グスタフソン」は言いやすい名前とは言えず、難しい発音は新人女優が名前を覚えてもらうためには適さなかったためです。

– そしてすぐに、彼女の人気は海を越えました。1925年、有名なアメリカ映画スタジオ、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーが、スティッレルにハリウッドで仕事するようオファーをかけます。

– しかし、当時才能だけでは大スターにはなれないのが女優。ガルボは、減量と英語の習得を強制され、髪を染められ、歯の矯正が施され、眉毛を細く剃られました。

-1926年、ガルボは初のアメリカ映画、『イバニエスの激流』で、スペイン人の歌手を演じます。

– ガルボの映画は、多くがライブストーリーやドラマで、スクリーン上での彼女のユニークな演技には、情熱と抑制が感じられました。

– ハリウッドの主要な女優であったにも関わらず、映画のプレミアには姿を現さず、報道陣の質問には答えず、サインも断っていました。

– 1930年、『アンナ・クリスティ』で発声映画デビュー。彼女の少しかすれた声は、様々な感情を表現する魅力的な目と同じくらいに、観客をひきつけたんです。この映画も、観客の反応は上々でした。

– 『タイム』誌によれば、1934年にはギャラ最高額役者に上り詰め、驚きの500,000ドルを手にしていたそうです!

– 1941年、『奥様は顔が二つ』に出演。批評家たちはストーリーがバカバカしいと評し、この作品を失敗作呼ばわりしました。この映画の失敗によってガルボの自尊心はかなり深く傷ついたようです。

– マンハッタンに引っ越して、見つからないようにと大きなサングラスをして、ニューヨークのストリートを散歩していたそうです。

– もう映画に出演することはありませんでしたが、芸術を完全に諦めたわけではありません。絵画を集めて、ヤウレンスキー、ルノワールなどの作品を買い占めました。

– 1990年、84歳でこの世を去った、グレタ・ガルボ。伝記作者のバリー・パリスは、ガルボを「特異」な存在としています。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です