天文学者が探し求める新たな天体とは

雲ひとつない夜空に浮かぶのは、銀河や星々、月、そして、プルーネット。

ん?ぷるーねっと?

この独特の名前を持つ不思議な天体を、これまで多くの天文学者が探し求めていました。

不思議な名前を持つこのはぐれ衛星は、一層変わった性質を持っている……と考えられています。

この天体はユニコーンのようなもの。概念こそだれもが理解しているものの、その発見には未だ至っていません

しかし、2018年、それまでの概念を覆す事実が明らかになったのです。

タイムスタンプ:

プルーネットって? 0:37

ネプトムーンの発見 2:26

プルーネットはどうして生まれるのか 4;30

プルーネットを待ち受ける運命 6:01

悲しい事実 6:46

タビーの星の謎 7:34

不思議な宇宙現象 8:37

概要:

-過去数十年の間、太陽系外惑星は4000以上発見されています

-巨大なガス状の惑星の衛星だった天体が、恒星を回り始める現象が、概念状存在しています

-惑星が恒星へ近づくと、その重力によって、衛星が起動からはじき出されてしまいます

-その最中、衛星はその質量の一部を失いますが、残った残骸は恒星の周囲を回り始めます

-プルーネットが恒星を回り始めると、その他の惑星と見分けがつかなくなることを天文学者たちは指摘しています

-つまり、惑星とプルーネットは混同されやすく、発見が非常に困難なのです

-コンピューターシミュレーションではプルーネットの6%が恒星に飲み込まれることが確認されています

-地球の月もまた、地球から年々遠ざかっています。50億年後には、月もプルーネットと化すことがわかっています

-太陽の1.5倍の大きさでずっと熱いタビーの星は太陽系から1000光年離れた場所に存在します

-天文学者たちはその明滅の謎を解明しようと努力を続けています

-それはまるで、50以上の天体が、星の周りを回っているようなのだと言われています

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:雪月花(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です