新人ドライバー必見!5つのドライビングアドバイス!

運転教習の授業もとうとう終了!運転免許証は今やあなたの手に。日が暮れるまで車を乗り回したいと考えているでしょう!初めて運転席に座った時の気持ちの高まりは私にもわかります。自分が誇らしく思え、ドライバーとしてのこれからの人生に期待も高まっているでしょう。

新人ドライバーのあなたでもちょっと走ると、何だか路上運転の全てを知ったような気になってしまうかもしれません。ですが運転するということは多くの責任がついてまわるものなのです。今回はそんな事態に備えていくつかのケースをお教えします。

タイムスタンプ:
悪天候時の運転 2:26

夜間の運転 7:15

タイヤの脱輪 7:48

都市部での運転 9:40

幹線道路での運転 10:39

#運転のヒント #車 #ブライトサイド

概要:
-雨が降っている時、ヘッドライトはオンにしましょう。昼間であってもです。対向車にがあなたを認識しやすくなり、また当然あなた自身の視界もはっきりします。

-常にサングラスを着用し、サンバイザーを下げる必要があります。しかしそれでもまだ不十分。その状況下では速度を落とし、不測の事態にも反応できるようにすべきなのです。

-霧は本当に予測不能であり、特に秋、朝の道路は霞みやすいです。このような状況下では、ヘッドライトは常につけ、警戒してください。

-まず重要なことは、たとえ自分の運転に自信があっても、夜間の運転に慣れるために数回は練習をしておくべきだということです。

-一つ頭に入れていただきたいことは、対向車が来た時にライトをロービームにすることです。ハイビームで対向車の目を眩ませるのは驚くほど簡単です。

-走行中に、間違えて脱輪してしまった。そんな時はどうするべきか?まずパニックにならないように。ミスに気づいてしまったら、まずはアクセルペダルから足を離し、舗装道路へ車を近づけます。

-都市部で運転をする時は、常に気をつけてください。どんな時でも注意を散漫にしてはいけません。

-幹線道路では、交通量の多い道路での運転を学ぶことができるでしょう。例えば、本線への合流や車線変更の方法、高速道路からの降り方ですね。車線を変更する時は、まずはミラーをチェックし、後ろから追い越しの車やバイクが来ていないか確認しましょう。

-肩越しに直接目で確認することで、死角に車両がないかを確認することも大事です。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です