50年間ジャングルに住むことを選択した実在のターザン

神秘的なジャングルには、多種多様な生物が住んでいますが、残念ながら、その中に人間は含まれていません。ジャングルという言葉を聞くだけで、さっさと逃げたくなってしまいますよね?土曜日の午後、家でテレビを見ながら、おいしいココアを飲む、なんていう日々の贅沢を楽しむ方が心地良いのは確かです。

ここでの質問は、なぜこの男がそんなライフスタイルを選んだのか?ということです。 なぜジャングルに住み、危険な天候下で狩りをし、ワニの生息する川を泳げたのでしょう? マイケル・フォメンコが常人ではないということだけは確かです。 では、最初から何が起こったのか見ていくことにしましょう。

タイムスタンプ:
王家の血筋を引いていたのか? 1:17

約1ヶ月間徒歩で旅行 1:47

マイケルはスターアスリートになった 3:16

実生活でのターザンへの変化 4:19

ジャングルの中での生活 5:24

彼は頭が狂っていたのか? 6:32

彼が行った最高の選択 7:56

マイケルの悪戯 8:36

#ジャングル #実話 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– マイケルは人生の後半には原始的なライフスタイルを選択しましたが、もともと育ちは裕福でした。 実は、彼は王族の血を引いていたのです。 父親はコサックで、母親はグルジアの王女だったのです。

– 家族は貧困と直面しました。 生き残るために、自分たちが持って来た貴重品全てを売り払い、身分証明書を偽造し、生き残りをかけた旅に乗り出したのです。

– 残念ながら、中国にも依然として安全の問題があり、日本に移住することに決定しました。

– 数年後、戦争勃発の予兆を察知した父親は、家族を巻き込みたくはなかったので、別の場所に移り住んだほうが安全だと判断します。

– 今回は、オーストラリアのシドニーに移住し、希望にあふれた生活を再開することができました。 マイケルの父はシドニーの有名校の校長に就任したのです。

– マイケルはかなり運動神経が良く、その能力のおかげで陸上の10種競技で成功を掴み、州大会でメダルを取り続けました。

– マイケルは陸上競技で成功しても、未だに人間社会に馴染めず、独りきりになりたい願望がさらに強くなっていったのです。

– 間もなく、自然を探求するために、物を所有することをやめたのです。 マイケルの考え方は変わり、人生観が発展するとともに、外見まで変わり始めました。

– マイケルが完全にジャングルに住むようになるまでにはかなりの時間がかかりました。

– クイーンズランド州のジャングル近くの町の警察署に通報が入りました。裸に近い状態の男が道をウロウロしているということでした。 警察は直ちに対応し、長い追跡の後、マイケルは逮捕されました。

– 警察は彼を精神病院に入院させ、診断と、適切な治療を受けることにしました。

– 当時、医師たちが理解していなかったのは、「野蛮な」ターザンのような行動は精神的な病気によるものではなく、彼の選択だったということです。 何年もの間、効果のない治療が行われた後、医師たちはついにあきらめ、マイケルは再び自由の身になりました。

– 1966年には、オーストラリアのアボリジニに加わりました。原住民との共同生活は、最も賢い選択だったようで、50年以上もの間、そこに住み続けたのです。

– 彼は、かなりいたずら好きで、乗客を怖がらせるために木の上でトラックが来るのを待ち、飛び乗ったりすることもありました。社会の一員になるのを嫌った反面、他の人間と軽い接触を持つのを楽しんていたようです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です